はじめに

「億万長者になりたい」

子供のころは誰しもがそんなことは一度は考えた事あるのではないでしょうか。

ですが、大人になってみると1億円の預金を達成するのは簡単ではないことが分かります。

 

しかし、決して不可能ではありません。

それを可能にする方法が「資産運用」です。

テレビなどのメディアでも株で大儲けした人の話はよく耳にしますが、心のどこかで自分とは関係ない世界だと思い込んでいませんでしょうか。

実は1億円というのはきちんとした方法で資産運用すれば誰でも目指せるラインなのです。

 

預金1,000万円で運用を始めるかどうかが将来の分かれ目

資産運用の効能

資産が1億円を超えると、いわゆる「富裕層」「億万長者」と言われます。

ほとんどの人にとって自分には縁のないもの、雲の上の存在と思ってしまうかもしれませんが、近年、日本でもこの富裕層に該当する人が増えてきています。

出典:ニュースリリース | 野村総合研究所(NRI)
https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2018/cc/1218_1

野村総合研究所(NRI)の調査によると、富裕層と超富裕層を合わせると126.7万世帯に上ることが分かります。上記の世帯数は全部で5,372.3万世帯ですので、全体の2.4%ほどになります。

 

意外と高い割合ですよね。

日本ではお金の話をあまりおおっぴらにしないので、なかなか周りに富裕層だよという方は見当たらないかもしれません。しかし、先程の割合を考えると実は富裕層はあなたの周りにも隠れているかもしれません。

 

1,000万円での資産運用スタートがベスト

資産1億円を目指すなら、1,000万円ほどのボリュームから資産運用を始めるのがベストです。

1,000万円の元手を1億円にするには10倍にしなければいけません。

とても不可能な数字に思えますが、長期で運用すれば実現可能です。

例えば、年利8%で運用したとしましょう。

そうすると次のように増えていくのです。

  • 1年後 1,080万円
  • 5年後 1,469万円
  • 10年後 2,159万円
  • 20年後 4,661万円
  • 30年後 1億63万円

もちろん、途中でも資金を追加していけば1億円に達する時間は圧倒的に早まります。

余剰資金をほったらかしで運用しておいて、一財産築けていたら嬉しいですよね。

運用を全くしなかったとしたら、1,000万円は1,000万円のままです。

運用を始めた人と、始めなかった人では将来雲泥の差になってしまうのです。

 

投資信託ではなくヘッジファンドで運用する

それでは、1,000万円貯まったらどんな手法で運用すればいいのでしょうか。

一般的な方法としては投資信託が有名だと思います。

しかし、私はヘッジファンドで運用することをおすすめします。

ヘッジファンドでの運用とは、運用能力のあるファンドマネージャーに資産を預けて自分たちの代わりに運用してもらうという方法です。

それだけ聞くと投資信託とあまり変わらない様な気がしますが実態は大きく異なります。

結論から言うと、投資信託は「売るための商品」になってしまっています。

ヘッジファンドは「資産を増やすための商品」です。

その理由について詳しく見ていきましょう。

 

投資信託の3つの弱点

弱点①投資信託はお給料制

まず一つ目は会社の報酬制度から見てみましょう。

投資信託は販売会社、運用会社、信託銀行の3者から成り立っていますが、ここでは難しい事を考えずに運用会社について考えてみましょう。

運用会社がいわゆる投資戦略を決める会社になります。

どういった方針で運用していくのか、どういった銘柄を買うのか、商品の運用成果を左右することになります。

では、運用会社の社員への給料はどのように払われているのでしょうか。

彼らはサラリーマンです。

という事は当然お給料制です。

自分の作った投資信託が運用に成功しようと失敗しようとお給料には関係ありません。

つまり彼らに運用を成功させることへのインセンティブが全くないのです。

これでは、いいものが生まれるはずがありません。

投資信託の大きな欠点の一つと言えるでしょう。

 

弱点②投資信託は相対利益

二つ目について、少し難しい表現を使いますが投資信託は相対利益を目指します。

投資信託ではベンチマークと呼ばれる目標を設定するのが一般的です。

例えば、日経平均とかがそうですね

相対利益とはこのベンチマーク(例えば日経平均)より運用成果が上回っていればOKという考え方なのです。

一見問題なさそうに見えます。

しかし、仮に日経平均が15%下がっている年だとしたら、マイナス10%の運用であれば上手く運用できたと判断されてしまうのです。

確かに相対的には良い運用かもしれませんが目標設定としては少し志が低く感じてしまいますよね。

投資家としてはどんな不況の年でもプラスの運用成果を目指してほしいものです。

 

弱点③投資信託は大企業のサラリーマン

投資信託の運用会社は大企業が多いです。

もちろん大手という意味で安心感はあるのですが、決まりごとが多くなかなかクリエイティブな仕事はしにくい状況です。

運用に関しても細かくルールが決められていて、ファンドマネージャーが自由に売買できる形ではありません。

私の知り合いにも、大企業で運用業務を行っている人がいますがルール通りに売買の注文を出すだけで何も面白くないと話していました。

会社勤めをしたことがある方は感じる事も多いと思いますが、組織のしがらみというのは断ち切るのは容易ではありません。

そういった状況の中で運用成果を出し続けるために、銘柄を分析し、投資手法を改善し、運用を洗練させていくことは不可能に近いと言えるでしょう。

 

ヘッジファンドの3つの利点

利点①ヘッジファンドは成功報酬

ヘッジファンドはこの点はどのようになっているでしょうか。

多くのヘッジファンドでは成功報酬というものを採用しています。

成功報酬は、「運用により利益を上げたらその○○%を報酬として支払う」というように、運用成果に連動したものとなっています。

成果を出せば出すほど彼らの取分も増えますし、逆に運用が上手くいかなければ彼らの報酬は激減してしまいます。

まさに、運用成果が自分たちの報酬に直結した形となっています。

これにより、ファンドマネージャーに必ず運用を成功させようという意識が芽生えるのです。

 

利点②ヘッジファンドは絶対利益

一方でヘッジファンドは絶対利益を目指します。

絶対利益を追求するという事は、どんな相場でもプラスの利益を追い求めるという事です。

もちろん結果が必ずプラスになる訳ではありませんが、少なくとも目標設定としてはプラスに置くべきだと言えます。

この目線の違いというのも投資信託とヘッジファンドの大きな違いです。

 

利点③ヘッジファンドはプロフェッショナル集団

一方、ヘッジファンドは資産運用のプロフェッショナル集団です。

運用の成果を出すことに特化した組織づくりを行っています。

それもそのはず、運用で成果を出さなければ会社が存続できませんから当然です。

不要な要素を排除してシンプルに運用成果を追求します。

 

ヘッジファンドで運用するには

ここまで投資信託とヘッジファンドの違いを見てきましたが、やはり資産運用で成果を出したいならヘッジファンドの方が適していると言えます。

投資家の募集に関する条件はヘッジファンドによって異なります。

例えば最低出資額一つをとっても1,000万円から受け付けてくれるところもあれば、1億円からでないと断るところもあったりと実に様々です。

気になるヘッジファンドを見つけたら詳細は直接ファンドに問い合わせてみるのが良いでしょう。

当サイトでもおすすめの投資先はランキングで紹介してますので参考にしてみて下さい。

▼おすすめファンドランキングはこちら▼