投資をしたいけど何をしたらいいのか分からない。

あんまりリスクを取りたい訳ではないけど、多く増えればそれはそれで嬉しい。

では、いったい何に投資をすればいいの?

 

今回は投資信託の利回りや定期預金の金利など、商品ごとの概要を比較していきたいと思います。

 

定期預金の3つのメリットとは

1. 元本が保証されている

まずは定期預金のメリットから見ていきたいと思います。

まず、何と言っても元本保証であると言うのが定期預金のメリットです。

 

銀行に預けている訳ですから、元本は保証されており減ることはありません。

ただ、注意してほしいのはペイオフです。

実は、定期預金も1,000万円までしか保証されません。

これは、普通預金と合わせて1,000万円までです。

 

そのため、1,000万円以上の額を定期預金に入れると、元本保証されていないのに非常に低金利で運用する事になるので注意して下さい。

 

2. 普通預金より金利が高い

定期預金の金利は普通預金より高いです。

例えば、三菱UFJ銀行では以下のようになっています。

  • 普通預金 0.001%
  • 定期預金 0.01%

 

なんと定期預金の金利は普通預金の10倍となっています。

これは、スゴイ差ですね。

 

例えば普通預金で1,000万円運用すると

年間100円の利息がつきます。

定期預金では

年間1,000円となります。

 

3. 金利(利回り)が確定している

定期預金では金利が確定しています。

それにより利益がいくらになるか計算することができ、満期まで保有すれば確定します。

 

そのため、投資につきものの精神的な負担を軽減することができます。

「今日は株価が上がったから嬉しい、でも明日下がったらどうしよう」

「今日は株が値下がりしたからショック、ずっと下がり続けたらどうしよう」

といった、不安から解放されることになります。

 

一喜一憂するのが好きではない方には、好ましい方法であると言えます。

 

定期預金の3つのデメリットとは

①インフレ(物価の上昇)に弱い

一方で当然デメリットもあります。

定期預金では良くも悪くも預けてある金額はほとんど変化しません。

そのため、インフレ(物価の上昇)に弱いのです。

 

インフレとは物価が値上がりすることでお金の価値が下がることを意味しています。

例えば、一昔前には80円で変えていたパンが今は120円払わないと買えない

といったような状況の事です。

 

この例でいくと物価が1.5倍になっていますので、お金の価値は2/3倍になっていることを意味しています。

つまり、1,000万円の定期預金が667万円になってしまうのです。

 

近年の日本では物価の上昇というのは中々体感し辛いかもしれませんが、新興国では普通に起こっている事です。

預金というのは、金額そのものは変わらないが価値は減っていく可能性がある、という事はぜひ理解しておいてください。

 

②自由にお金をおろせない

定期預金では、預金を下ろせるタイミングが決まっています。

満期まで保有すれば約束されていた金利がつくシステムなので、満期より前に解約すると利息が減ることがあります。

 

保険と違って元本を棄損するという事はないでしょうが、期待していた利益は得られないでしょう。

お金を必要な時にすぐ引き出せるか引き出せないかというのは意外と重要なポイントになってきますので運用を考えるときは考慮するようにしましょう。

 

③定期預金で運用しても儲からない

結局、大切なのはここです。

「定期預金で運用しても金利が小さすぎて儲かりません」

 

普通の預金の10倍!というとすごそうに聞こえますが、

1,000万円運用して1年間でたったの1,000円です。

 

1,000円増えたところで何になると言うのでしょうか。

資産を増やすと言う意味では、定期預金という手段は難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

投資信託の3つのメリットとは

1. 何も考えなくても運用できる

投資信託では運用会社に運用自体を任せることができます。

自分の頭であれこれ考えて運用していく必要はありません。

 

株であれば企業を調べたり、株価をチェックしたり財務情報を調べたりする必要があるかと思いますが

そういったことも必要ありません。

 

どうやって運用していくか

どの企業の株を買うか

いつ売却するか

 

全ては、資金だけ入れてあとはおまかせ!

手間もかかりません。

 

そういった意味では非常にお手軽な資産運用方法だと言えるでしょう。

 

2. 利益が出るかもしれない

投資信託では主に株での運用がメインです。

もちろん他の商品で運用するものもありますが、いずれにせよある程度値動きがあるものが投資対象となります。

 

そのため、年利10%や年利30%といった大きなリターンが出る事もあります。

 

これは、もちろん投資信託だから出るという訳ではなくて

投資信託の中にはそれだけのリターンを達成する商品もあるという意味です。

 

例えば、1,000万円資金を入れて年間の利回りが30%であれば

1,000万円 → 1,300万円です。

上手く投資信託を選択することが出来れば大きく資産を増やすことができます。

 

3. 海外にも簡単に投資できる

投資信託には実に様々な商品があります。

日本株はもちろんですが、米国の株式市場や新興国市場に投資する事もできます。

 

これらも買った後はおまかせでよく、非常に簡単に海外の市場に投資することが出来ます。

個人で海外の企業の株を買おうと思ったら手続きが煩雑ですので、これは大きなメリットと言えるでしょう。

 

自分にとってゆかりのある国や興味のある市場があれば調べてみるといいでしょう。

 

投資信託の3つのデメリットとは

①損をするかもしれない

投資信託には色々なメリットがありますが、当然デメリットもあります。

1つは運用が上手くいかずに損をするかもしれない事です。

 

投資信託では元本が保証されていません。

そのため、利益が大きく出るかもしれませんが大きく損失を被る可能性もあります。

1,000万円が

1,300万円になる事もあれば

700万円になってしまう事もあるのです。

 

リスクとリターンは必ずセットです。

利益を得ようと思ったらそれに合わせたリスクが必要なのです。

 

余談ですが、元本保証で年間利回り30%!!みたいな商品はあり得ないので騙されないようにして下さい。

よく、月5%の配当がつくから出資して下さい、みたいな話がありますがそれらは全部嘘だと思ってもらった方が良いです。

月5%だと年間60%ですよ?

元本保証(またはそれに近い条件)でそんなのはあり得ません。

注意して下さい。

 

②数が多すぎて選べない

投資信託には、非常に多くの商品がありその数は6,000本以上と言われています。

もちろんどれでも買っていいという訳ではありません。

 

大きく損をする可能性があるものもありますし、全然リターンが見込めないものもあるでしょう。

 

数ある商品の中からあなたに適したものを見つけなければいけないのです。

これが中々難しい作業です。

 

そんなの、銀行や証券会社に相談すればいいじゃないか、と思われるかもしれませんが

実はこれが一番危険な方法なのです。

 

③実は運用・販売会社が無責任

銀行や証券会社の窓口に行けば親身になってあなたの相談に乗ってくれるかもしれません。

でも、実はこれが一番ダメな方法なのです。

 

なぜかと言うと、彼らは実は非常に無責任なのです。

銀行の販売員の人は投資信託の運用成績に責任を負っていません。

彼らの収入源は、購入時手数料と信託報酬と呼ばれるもので

これらは、投資信託を購入した際と、投資信託の資産額に対して発生します。

 

つまり、投資信託の運用成績が良くても悪くても彼らの利益には何の関係もないのです。

 

そこで、彼らがおすすめしてくる投資信託というのは

「運用利回りが良いのもの」

ではなくて、「購入時手数料が高いもの」や「売りやすい(分かりやすい)商品」になってきます。

 

例えば、ロボティクス関連の投資信託のように、雰囲気これから流行りそうなものです。

これらはテーマ型と言われますが、運用成績は決して褒められたものではありません。

 

ただ、これらはどんな商品かわかりやすいため売りやすいのです。

一昔前はバイオ関連、今ではAIやロボティクス関連といったように

時代に合わせて流行りものを売ってくる、というのが販売員の手法ですので鵜呑みにしないように注意しましょう。

 

定期預金と投資信託の金利や利回りはどっちがいいの?

定期預金と投資信託についてまとめてみると以下のようになります。

【定期預金】

  • 元本保証だけど金利が小さい
  • 資産運用という意味では不向き
  • インフレや物価上昇に弱いし、そもそも1,000万円までしか保証されない

 

【投資信託】

  • 利益が出るかもしれないし損をするかもしれない
  • 運用はお任せでいいけど選ぶのが大変
  • 販売員におすすめされる投資信託を鵜呑みにしてはダメ

 

それぞれ一長一短があることが分かります。

ここで、どちらを選ぶかの決め手は「元本が保証されなきゃダメか、保証されなくてもいいか」という点です。

 

元本保証ではない状態がOKなら投資信託を選んでみるのが良いでしょう。

 

また、資金に余裕があるという方は、投資信託よりも更に先を行った商品にヘッジファンドがあります。

こちらも元本保証ではないですが、ハイレベルな手法を用いた高度な金融サービスとなっております。

ヘッジファンドと投資信託の違いに興味がある方は別記事に詳しく書いてますので参考にしてみて下さい。

【まとめ】「ヘッジファンド」は「投資信託」と何が違うのか

 

おすすめの記事