株主優待という制度を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

最近ではテレビで特集を組まれて取り上げられる事もあったりと知名度が増してきています。

 

今回はそんな株主優待について見ていきたいと思います。

 

投資信託は株主優待をもらえない?

株を自分で保有していれば株主優待をもらえますが、投資信託を買っているだけだと株主優待はもらえません。

ただ、もちろん投資信託を運営している会社(正確には資産を保有している信託銀行名義ですが)には株主優待が送付されます。

 

我々の出資した資金で購入した株に対する株主優待の取扱はどうなっているのでしょうか。

投資信託協会によると以下のようになっています。

 

投資信託の株主優待物等について

証券取引所に上場している企業の中で、株主優待制度がある企業の株主になると企業から自社製品や割引券などが送られてきます。電車や飛行機の割引券、映画の鑑賞券など、暮らしに役立つものもあり、株主優待を株式購入の選択肢とされる方も多いようです。

では、投資信託が株主優待制度のある企業の株式を組み入れている場合には、どのような取り扱いとなるのでしょうか。2つのケースが考えられます。

一つ目は、投資信託が独自に株主優待制度を採用する場合です。投資信託の一種であるETFには、一定口数以上を保有している投資家に対して、優待品を提供しているものがあります。投資信託が独自に優待制度を採用することはほとんどないので、極めて珍しいケースです。

二つ目は、投資信託が株主優待制度のある企業の株式を組み入れている場合です。これは、株式を組み入れる投資信託のすべてに当てはまるケースですが、当協会では、規則でその取り扱い方法を定めています。規則の概要は、「◆個別に換金する市場が存在するなど容易に換金できるもの、◆基準価額に影響するなど受益者の利益のため必要と判断されるもの、については、受託銀行と協議の上、換金して投資信託財産に繰り入れることができる。これ以外のもので、株主優待物等を一括して換金できる場合は、受託銀行と協議の上、恣意性を排除した一定の配分方法により信託財産に繰り入れることができる。」とされています。
即ち、換金できる優待物はできるだけ換金をして、基準価額に反映するということです。

 

少し長くなってしまいましたが、まとめると次の2つです!

  1. 独自の株主優待制度を提供する
  2. 受取った株主優待は出来るだけ換金して基準価格に反映する

 

1の独自の株主優待に関しては、設定しているETFはほとんどないようですし、2に関してもどの程度換金されているかは分からず還元度合いは正確には分かりません。

 

そもそも、換金できない株主優待もある訳ですから、「投資信託やETFでは基本的に株主優待はもらえず、その分に関して損をしやすい」と結論付ける事ができるでしょう。

 

株主優待で楽しむ株式投資ライフもあり

楽しそうな株主優待ライフの桐谷さん

では、株主優待と言うのは不要な制度なのでしょうか。

 

個人的には、株主優待を目当てに株式投資をするのもありだと思っています。お金でもらうよりもモノでもらった方が嬉しかったりしますよね!もちろん、これは利益の追求というよりはあくまで楽しむためのものです。

 

例えば、テレビで拝見しただけですが、桐谷さんと言う株主優待で生活している有名な方がいらっしゃるようですね。

 

(出典 東証マネ部:https://money-bu-jpx.com/news/article008871/)

 

身に着けている衣服から食事まで生活のすべてを株主優待で賄っているそうです。

日々の株主優待情報をチェックしたり、講演をしたりとお忙しくされているようですが、自転車を必死にこぐ姿や謙虚な姿勢でお茶の間の人気者となっているようです。

 

株主優待だけで生活できるなんて夢のようですね!

 

ここまで徹底されなくてもいいと思いますが、個人的に興味のある会社やよく使う製品の株を持ってみるのはおススメです。例えば、どんな株主優待があるのか見ていきましょう。

 

色々楽しめる株主優待

  • 日本マクドナルドホールディングス株式会社

(出典 McDonald's:http://www.mcd-holdings.co.jp/ir/individual/shareholder_benefits/)

 

マクドナルドの配当では、バーガーやサイドメニュー、ドリンクと引き換える事の出来るチケットが届きます。これは、6枚セットで1冊となっています。

 

マクドナルドのセットでも高いものだと1,000円弱にはなりますから、1冊あれば5,000円~6,000円くらいの価値ですね。これが、最低単位の100株持っているだけでも、年に2回送られてきます。年間で見ると1万円くらいの価値でしょうか。

 

株価は大体5,000円前後(2018年10月時点)ですから、50万円で1万円の株主優待。つまり2%ほどですね。

 

マクドナルドをよく使う方だったらとても使いやすい優待だと思います。

 

  • 日清食品ホールディングス(株)

(出典 日清食品ホールディングス:https://www.nissin.com/jp/ir/investors/preferential/)

 

こちらの優待が嬉しいかどうかは人によって大きく意見が分かれそうなところですね(笑)

私は結構、飲んだ後のカップ麺が好きなので嬉しいですね。

 

もちろん高いものではないので自分で買えばいいじゃんという話ではあるんですけど、もらえるのが嬉しいというか、ここはもう利回りを計算してどうこうというよりは気持ちの問題ですね!

 

  • 株式会社エクセディ

(出典 コストゼロライフ :https://cost-zero.com/2016_7278exedy)

 

少し男性感が強い優待ばかり並べてしまったので、女性でも楽しめるようなものをあげてみました。

こちらはカタログから自分で好きなものを選べる形式です。

食器類やバックなど実に様々なものが載っています。

会社自体は自動車部品などを製造する会社なのですが、株主優待は全く別のものとなっています。株主優待には自社製品を配るものもありますが、こういった全く関係ないものを配るパターンもあるのです。

 

結婚式のカタログみたいですよね。

これが年1回届きます。そう思うとちょっとウキウキしてきませんか?

 

利益を追求するならヘッジファンド

株主優待が自分の好みで楽しめるという事は分かりました。興味がある方は自分の好きな会社や製品をぜひ調べてみて下さい。

 

ただし、株主優待はあくまで楽しむためのものです。

投資は資産を増やすためのものだ!利益を追求したい!

という人は別の投資スタイルがいいでしょう。

 

私の個人的なおすすめはヘッジファンドでの運用です。

成果を挙げる事を主眼に組成された商品ですので、無駄がないと言えます。

 

特に大きなリターンを狙うのであれば、新興国運用を実践しているヘッジファンドがおすすめです。

フロンティア・キャピタルの評判は?新興国ファンドを徹底解剖

 

出資にあたっての審査や出資額の大きさなどハードルが高い部分はあるのですが、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

これが絶対に正しいというやり方はないので、皆さんも自分に合った投資スタイルをぜひ探してみて下さい~

では、今回はこの辺で

おすすめの記事