みなさま「ポイント投資」というものをご存知でしょうか。

ポイント投資とは、買い物などで貯まったポイントで何と資産運用が出来るというものです。

 

そのお手軽さからテレビなどでも紹介され、今注目を集めています。

ですが、ポイント投資はやっても全く意味がありません!

今回はその理由について解説していきます。

 

最近流行りのポイント投資とは

楽天スーパーポイントで資産運用

ポイント投資が出来るものはいくつかありますが、その代表的なものに楽天スーパーポイントがあります。

 

(出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/lp/point_investment/02_member/)

 

楽天ポイントでの資産運用の仕方は5ステップです。

  1. 投資信託を選ぶ
  2. 買い付け金額を決める
  3. ポイント利用額を決める
  4. 分配金コースを決める
  5. 注文

 

要は普通の買い物と一緒で投資信託の購入に際して楽天ポイントが使える訳です。

 

なぜ流行っているかというとそのお手軽さゆえでしょう。

 

100円から購入することが出来ますし、ポイントも使えるので自分の実際のお金を使わなくても資産運用が出来てしまうのです。

 

始めやすいという意味ではポイント投資はとても優秀ですね。

 

ただし、こちらで購入できるのは投資信託のみとなっており、株式を購入する事は出来ません。

お手軽に始められる分、こういった制限も存在しています。

 

dポイントで資産運用

(出典:https://dpoint-inv.com/?utm_source=corporate&utm_medium=referral&utm_campaign=dpoint_inv)

 

dポイントでも資産運用サービスを行っています。

dポイントは「株式会社お金のデザイン」のサービス「THEO」で運用されることになります。

 

「THEO」はAIを用いたいわゆるロボアドバイザーです。

そのため、dポイント投資では運用先は決まっておりお任せ運用となります。

 

(出典:https://www.nttdocomo.co.jp/service/dpoint_inv/)

 

投資家はアクティブコースかバランスコースを選び資産運用する事になります。

 

dポイント投資でもとってもお手軽に資産運用を始めることが出来ます。

 

ポイント投資が全く意味がない3つの理由

ポイント投資がお手軽に始められることは分かりました。

しかし、資産運用としては全くおすすめできません。

 

その3つの理由について解説します。

 

投資対象に制約がある

まず一つ目の理由は、投資対象が制限されてしまう事です。

 

例えばdポイントでは自動的にTHEOに投資する事が決まってしまいましたね。

 

楽天ポイントであれば投資信託の中から投資先を選べますがそれでも投資信託というのは決まってしまっています。

 

当然ですが、資産運用では投資先の選定作業が非常に重要です。

 

そこに制限がかかってしまっては、満足のいく資産運用は実現できません。

 

ポイント投資は、資産運用の醍醐味を失った投資と言えるでしょう。

 

身を切らないがゆえに糧にならない

ポイントはどんな時にたまっていくでしょうか?

 

クレジットカードを使った時や何かしらのサービスを使った時ですよね。気付いたらポイントが貯まってたという感じかと思います。

 

わざわざポイントをがんばって貯めるという人はあまりいないでしょう。

 

ポイント投資はその名の通りポイントを運用します。投資は投資ですから資産運用に成功すれば増えますし失敗したら減ってしまいます。

 

自分で汗水たらして稼いだお金であれば、増えればすごくうれしいですし減ればものすごいショックです。

 

そういった経験を通して資産運用について学んでいくことが出来ます。

 

しかし、ポイントは気付いたら貯まっていたものでありがたみが薄いです。

 

自分の身を切っている訳ではないので仮にポイントが減ってしまってもあまり糧になりません。

 

どれだけポイント投資をしたところで資産運用のスキルは向上しないでしょう。

 

金額が小さすぎて何の意味もない

一番大きな問題は運用金額です。

 

ポイントは頑張って貯めている人でも数万円でしょう。

 

数十万円や数百万円分ポイントがあるという人は中々いないと思います。

 

という事は必然的に運用金額は数万円程度からになると思います。

 

例えばですが、3万円分のポイントを運用したとしましょう。

 

仮に大成功して2倍になったら6万円ですよね?2倍というとすごそうですがたった3万円増えただけです。

 

これが100万円を運用して2倍に出来ていれば100万円のプラスです。

 

1,000万円を運用していれば1,000万円のプラスですね。

 

資産運用は運用する金額が大きければ大きいほどその効果を発揮するのです。

 

小額しか運用できないポイント投資には資産運用としての価値はないと言えます。

 

まとめ

今回のお話しをまとめてみます。

 

  • 自分自身でちゃんと投資先を吟味する
  • 自分自身のお金で挑戦する
  • 100万円以上のまとまった金額で資産運用を行う
  • 練習の場合は数万円や数十万円でもいいが自分のお金でやらなければ意味がない

 

資産運用にチャレンジされる方は、ぜひポイント投資ではなく普通の資産運用に挑戦してみて下さい。

 

おすすめの記事