貧富の差があまりないと言われる日本ですが、それでも最近、富裕層の数が増加していると言われています。

昔ほど働き方も画一的ではなくなり、若くして億万長者になる人も増えています。

 

そんな富裕層の人たちを専門に仕事をするプライベートバンクというものがあります。

今回はそんなプライベートバンクの実態を紹介していきます。

 

プライベートバンクの役割とは

プライベートバンカーの役割は、主に個人の富裕層を対象に、資産保全や資産運用の手段を提供していく事です。

富裕層は当然一般の人たちとは運用規模も異なりますし、ニーズも異なります。

そのため、投資信託といった一般の人も簡単に購入できる商品ではなく、富裕層向けの資産運用方法を提案していく事になります。

 

さらに、資産管理や資産保全を行っていくうえで、親、子、孫など家族構成を把握する必要があり、さらに私的な相談を受ける事もあります。

金融知識のみが求められるわけではなく、顧客から信頼を得て幅広い業務を細やかに遂行していく能力が求められます。

映画やドラマに出てくる執事のようなイメージに近いと言えるでしょう。

 

それでは、プライベートバンクにはどんな形態があるのでしょうか。

プライベートバンク4種類について見ていきます。

 

プライベートバンクの種類

伝統的プライベートバンク

プライベートバンクの始まりは、16世紀後半フランスで起きたプロテスタント対カトリックの宗教戦争に端を発すると言われています。

カトリックから迫害されていたプロテスタントの貴族たちが、戦争によって自分たちの資産が奪われないようにスイスの資産管理人たちに子孫の代まで保全してもらっていたことが起源となっています。

この歴史を引き継いでいるのが伝統的プライベートバンクです。

 

スイス・チューリッヒの中では最古となる1750年創業のラーン・アンド・ボドマーや、日本にもアセットマネジメント会社と進出しているピクテ、信託会社として進出しているロンバー・オディエ・ダリエ・ヘンチといったプライベートバンクなどが該当します。

ピクテは1805年にジュネーブで創業した老舗プライベートバンクです。スイス・プライベートバンカーズ協会に所属する12行の内の1行にもなっています。

 

このような伝統的プライベートバンクは一任勘定運用という、プライベートバンクにすべての運用を委託する方式にて運用を行っています。資産を積極的に増やしていくというよりは守っていく事に重きを置いており、資産保全という意味合いが強くなっています。

ヨーロッパの富裕層が主な顧客となっており、中には数百億円といった単位で資産管理を依頼している顧客もいます。

 

近代的プライベートバンク

近代的プライベートバンクとは、もともとはスイスの伝統的プライベートバンクであったが、近年の金融システムのグローバル化に伴い富裕層に対して総合的な資産管理を提供するようになったものです。

メジャーなプライベートバンクの形態であり多種多様な銀行が該当します。

  • EFG銀行
  • UBS
  • クレディ・スイス
  • モルガン・スタンレー
  • バンク・オブ・アメリカ
  • シティバンク
  • バークレイズ
  • ドイツ銀行
  • ロイヤル・バンク・オブ・カナダ
  • ABNアムロ
  • サンタンデール銀行
  • BNPパリバ
  • ソシエテ・ジェネラル
  • バンク・オブ・シンガポール

 

これらのうち、UBS、クレディ・スイス、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ、シティバンク、ソシエテ・ジェネラルなどはプライベートバンキング業務以外にも投資銀行、M&Aやトレーディングなどその業務は多岐にわたっています。

逆に専業でプライベートバンキング業務を行っている所もあり、EFG銀行、バンク・オブ・シンガポールなどが該当します。

 

日本人でも利用可能な海外のプライベートバンク

日本人が比較的利用しやすいのは次の銀行です。

  • UBS
  • クレディ・スイス
  • BNPパリバ
  • EFG銀行
  • バンク・オブ・シンガポール

 

これらは日本人向けのデスクが配置されるなど、日本人にとっての環境が整っているのでまずはこちらから検討するのが良いでしょう。

メリルリンチなども以前は日本人にも対応したサービスを行っていましたが、バンク・オブ・アメリカによる買収の影響などによりサービスを停止してしまいました。

 

日本国内に店舗があるプライベートバンク

日本にも外資系銀行のプライベートバンクがあります。例えば以下のような銀行です。

  • UBS
  • クレディ・スイス
  • 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券
  • ロンバー・オディエ・ダリエ・ヘンチ

 

日本国内の銀行でもプライベートバンク部門と言う形で、プライベートバンキング業務を行っています。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 野村証券
  • SMBC信託銀行

国内では主にこのような大手金融機関にプライベートバンク部門が存在しています。

 

プライベートバンクを利用できる資産額とは

ここまで色々なプライベートバンクを見てきましたが、どのように利用すればいいのでしょうか。

当然ですが、富裕層向けのサービスとなりますので最低預入金額に制限があります。

 

明確な線引きがされている訳ではないですが、海外のプライベートバンクでは最低でも100万ドル以上が必要だと言われています。

高い所だと1,000万ドル以上じゃないと受け付けないという所もあります。

 

日本のプライベートバンクでも、大体以下が目安とされています。

「1億円以上」

  • 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券
  • ロンバー・オディエ・ダリエ・ヘンチ

「2億円以上」

  • UBS

「5億円以上」

  • クレディ・スイス

 

いわゆる億万長者じゃないと口座すら開けないんですね。プライベートバンクの世界は奥が深いです。

プライベートバンクは敷居がとても高いですが、同じように富裕層向けのサービスでヘッジファンドという手段もあります。

 

こちらは投資家の代わりにプロのファンドマネージャーが資産運用を行ってくれるサービスですが、会社によっては500万円ほどから受付けているファンドもあります。

1億円~5億円は難しいけど、500万円ほどなら運用できるよ、という方はヘッジファンドを検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの記事