資金を預け入れるにあたって魅力が高いと考えている投資ファンド『トータスパートナーズ』について、色々と解説をしていこうと思います。

トータスパートナーズはいわゆる私募ファンドと呼ばれるタイプのファンドであり投資信託などとは違う形態ですが、その当たりも詳しく解説できればと思います。

投資信託と私募ファンドはどう違う?

構造的な違い

まず、投資信託と私募ファンドの構造的な違いを説明します。

投資信託は、皆さんがネット証券会社や銀行などでよく目にする最もポピュラーな投資商品でしょう。

アセットマネジメント会社(運営会社)が投資先を決定して商品として組成し、それを野村証券といった証券会社等が販売します。

それを、皆さんのような個人の投資家が購入します。

図にすると以下のようになります。

これは簡略化して書いてるのですが、実は投資信託は投資をするに当たって直接ではなく他の投資信託を経由している場合も多く、個別株に辿り着くまでにいくつかのファンドを経由しているケースが多いです。

また、投資先の選定に関してもアセットマネジメント会社だけでなく投資先のアドバイスを行う会社を起用したりと、商品として色々な会社が複雑に絡み合っているのが投資信託の実態です。

 

一方、私募ファンドというのは、投資先の選定や販売にいたるまで一社で完結しているという特徴があります。

図にすると以下のようになります。

シンプルに投資家とファンドが投資に関する契約をもち、ファンドが独自に投資先を選定していくというスタイルです。

投資信託のように様々な会社を起用しない分、投資家に見えないコスト(アセマネ会社の手数料、マザーファンドの手数料、販売会社の手数料etc)がかかっていないというのが投資家目線での良いところです。

一方、販売にコストをかけていないパターンがほとんどなので、多くの投資家にとっては認知するのが難しいという難点もあります。

知る人ぞ知る投資先、という立ち位置になりがちです。

投資戦略における違い

投資信託と私募ファンドでは投資における戦略にも差がみられます。

投資信託の運用結果は、アクティブファンドであれインデックスファンドであれ、基本的にはファンドマネージャーの実力ではなくマーケットの動向に左右されることになります。

投資信託とは、そもそもどのような投資戦略でどのような銘柄に投資を行うのかということが事前に決められており、それが大きく変わることはないのです。

(この投資信託の投資戦略は投資目論見書という形で投資家に説明されます。)

例えば、最近流行りのテーマ型投信をみてみましょう。

よくあるのは、AI系の銘柄に投資します、というような投資信託です。

AI技術を用いた会社は今後伸びるだろうから、そういった企業に投資します、という投資戦略の投資信託は、最近では非常に流行しています。

しかし、これらの投資信託は一度AI関連の銘柄をいくつか選定したら、その後ファンドマネージャーが積極的にポートフォリオを見直すということは滅多にありません。

ただ、その銘柄がどうなるか動向を見守るだけです。

つまり、投資信託に預けれいれば安心ということはなく、お客さんは、自分自身の力量でどのマーケットが伸びるかを考えないといけないのです。

投資信託という形で色々な分散投資をしているように思われますが、結局は投資家が自分のセンスで投資を行っているのと全く同じなのです。

 

一方、私募ファンド(ヘッジファンドなど)の場合は、選んだマーケットがどうか、というよりもファンドマネージャーの実力によって運用の成績が変わりがちです。

もちろん、私募ファンドにも、それぞれメインとする戦略やマーケットがあるので、その動向による影響があることはたしかです。

しかし、同じような戦略やマーケットであったとしても、私募ファンドの場合は運用成績がファンドによって全然違うということはザラです。

これは、私募ファンドの場合、ファンドマネージャーが投資先・ポートフォリオの見直しを積極的に行うことが理由です。

ファンドによっては投資先の見直しにとどまらず、投資先に株主として積極的に介入し、投資先のバリューを引き上げる活動をする場合もあります。

つまり、私募ファンドへの投資は、個人投資家が自らのセンスでマーケットや戦略を選ぶというものにはなりません。

一方、ただしこちらもファンドにあずけておけば万事オッケーということはなく、良いファンドマネージャーに投資をする必要があります。

個人投資家には、「人」を見抜くセンスが求められます。

 

トータスパートナーズの投資手法

手法解説

次に、こうした私募ファンドの一つであるトータスパートナーズの、投資手法について解説していきます。

トータスパートナーズの主な投資先は、日本の未上場企業です。

未上場企業の株式は、英語でプライベート・エクイティと表記され、このように未上場企業の株への投資を一般的にプライベートエクイティ投資と呼びます。

 

普段私たちがテレビなどで目にするのは上場企業の話題ばかりですが、日本には上場企業の100倍近い数の未上場企業が存在しており、

未上場企業への投資は、上場企業への投資と違い以下のような特徴があります。

ー 株式を市場で買うことができないので、企業と直接交渉し買収の交渉をする必要がある

ー 株式の売却も市場ではできないので、少なくとも一定期間は自社で投資先の企業を経営する

ー 投資先(未上場企業)は、M&A会社等を用いて自社で発掘する必要がある

 

トータスパートナーズの魅力1:社会的な意義

トータスパートナーズの魅力をみていきましょう。

まず最も重要なことの一つとして、いま、日本でプライベート投資を行うことには社会的な意義があります。

日本は、いま全世界でみても有数の「廃業大国」となっており、黒字のまま会社を閉じる優良企業があとをたちません。

一昔前までは、会社を閉じるに当たって一番メジャーだった理由が経営が立ち行かなくなる「倒産」だったのですが、今では廃業という形で自ら会社の歴史に幕を閉じるケースがトップになりました。

以下は、倒産の件数と廃業の件数を比較したものです。(黄色が倒産、オレンジ色が廃業)

廃業件数が一気に伸びていることが分かると思います。

 

廃業が増えている理由は、少子高齢化による、後継者の不在です。

日本の労働者における人口ピラミッドは、年々いびつになってきており、若い世代の働き手が減少しています。

それが、中小企業における後継者の不在という形で現れているのです。

こうした優良企業の廃業が進むと、当然ですが、日本の国力は削がれていきます。

中小企業の売上げが消滅することでGDPにネガティブな影響を与え、雇用は喪失し、中量企業が持つ独自の技術や思想は廃業のタイミングで失われます。

 

トータスパートナーズは、このような日本の課題に対して直接的に回答を与えています。

後継者不在によって廃業の危機に面している優良企業を、投資(買収)という形で存続させると、失われるはずだった売上げ、雇用、技術を存続させることができるのです。

投資ファンドというお金儲けのイメージが強い業種でありながら、世の中に求められていることに答えるビジネスを展開しているというのがトータスパートナーズの最大の魅力でしょう。

構造的に世の中にニーズがある事業というのは、どういう形であれ最終的に強固なビジネスになっていくものです。

未上場企業、とくに廃業間際の企業への投資は、まさにこういった世のため人のための側面をもつ投資です。

ビジネスとしてみた場合にも、優良な企業の株を魅力的な価格で購入するというモデルなので、一投資家としての利回りも期待できます。

 

トータスパートナーズの魅力2:投資先への付加価値提供

また、投資先に対しての付加価値提供に関しても、トータスパートナーズは期待が持てます。

外資系金融機関で投資ファンドの組成に関わり、その後独立して自らヘッジファンドを立ち上げた人間がトータスパートナーズのファンドマネージャーを勤めています。

プロの投資家の判断で、しっかりと投資先を選定し、経営していくというのは、ファンドに預ける投資家としてはやはり安心感があります。

また、投資先への働きかけを行う部隊として、大手コンサルや総合商社でエース級だった社員を引き抜いてチームを組成しています。

上場企業の株式投資に比べ、未上場企業の投資というのはどのようにバリューアップをはかるかという手法が大切になるものです。

そういった事業運営に関しても、一線級の人材を取り揃えているというのは魅力的です。

社会的意義に対して能力の高い集団が取り組んでいるという構図なので、トータスパートナーズへの出資は一投資家として非常に期待できるものだと思っています。

 

リスク

一方で、トータスパートナーズに出資することには少なからずリスクが存在します。

もっとも大きなリスクは流動性でしょう。

トータスパートナーズは、ファンドとして資金を集め、それを未上場の企業へと投資していきます。

未上場企業への投資リターンは、上場企業への投資と違い数年の月日を経て徐々に回収していくものです。

このような投資形態をとる以上、出資者の合計出資額(ファンドの運用資産額)があまりにも激しく増減するとビジネスが成り立たないので、流動性はその他の投資商品と比べて劣るのが一般的です。

トータスパートナーズの場合には、年に4回、出金および追加出資のタイミングがあるようですが、投資信託のように即日でお金を引き出せない点には注意が必要です。

長期的な視点で、最低でも数年間は預け入れようというような余裕のある方が、トータスパートナーズへの投資は向いていると言えるでしょう。

 

おわりに

以上、今回は私募ファンドの特徴について触れつつ、トータスパートナーズの投資ファンドとしての魅力やリスクについて解説しました。興味のある方は以下公式ページから問い合わせを行うことも可能です。それでは。

⇒ トータスパートナーズ公式ページ

おすすめの記事