株式投資を始めたい。

でも、どうやって勉強したらいいのか分からない、どんな風に企業を選んだらいいのか分からない。そんな人も多いと思います。

 

株式の本を開いて見ると指標もいくつもありPER、PBR、ROE・・・呪文のようにアルファベットが並んでいます。

 

いったい何に注目したらよいのでしょうか?

 

株式投資をするには企業の経営状態を把握しなければなりません。そのためには財務諸表の確認が必須です。

 

そして、数ある指標の中でも、とくに重要な指標はROEです。

 

今回は株式投資をするにあたって重要な財務諸表とROEについて解説していきます。

 

企業の財務諸表の分析は必須事項

財務諸表のメインは3つ

株式投資では必ず企業の財務諸表を見る必要があります。

 

財務諸表を見て、企業の経営状態は問題ないか、今後のビジネスも上手くいきそうか判断していくわけです。

 

さて、財務諸表には3種類ありますが、全部言えるでしょうか?

 

「貸借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」ですね。それぞれどんなものか見ていきましょう。

 

貸借対照表

貸借対照表とは企業の財政状態を明らかにするものです。

 

主な要素としては3つになります。

 

  1. どれくらいの「資産」を持っているのか
  2. どれくらいの「負債」を抱えているのか
  3. 「資産」から「負債」を引いた「純資産」はいくらあるのか

 

「資産」と一言でいっても種類は様々です。不動産や現金、商品など。

 

こういった項目をそれぞれ精査していく事で経営分析が出来ます。

 

  • 不動産とあるけど、土地や建物の価格は変動していないのか?
  • 商品とあるが、これは将来ちゃんと売れるのか?それとも不良在庫なのか

 

「負債」も同様です。銀行からどれだけ借入しているのか。仕入れ先に支払うお金はどれだけ残っているのか。

 

このように貸借対照表をきちんと分析することで企業の財政状態を把握することが出来るのです。

 

損益計算書

続いて、損益計算書です。

 

こちらは企業の経営成績を明らかにするものです。1年間でどれだけ利益が出たのか、損が出たのかということが分かります。今年1年の成績表ですね。

 

  • どれだけ売り上げが出たのか
  • 費用はどれだけかかったのか
  • 結果として利益はどれくらい残ったのか

 

こういった情報を得る事で、企業の今年1年の経営が上手くいったかどうかを判断することが出来るのです。

 

キャッシュフロー計算書

最後は、キャッシュフロー計算書です。これは、企業のお金の流れを明らかにします。

 

企業同士のやり取りというのは、信用経済が基本です。今月買った品物の支払いは来月というのは当たり前です。

 

例えば、今月5,000万円分の仕入れを行って1億円の売り上げがあったとします。

 

今月、損益計算書では1億円の売上となっていても、実際にお金が入ってくるのは来月なわけです。

 

仮に、自分の支払いは今月中にしなければいけなかったとしたら・・・5,000万円を支払う事が出来ず会社はつぶれてしまいます。

 

このように、きちんとお金の流れを把握しないと黒字なのに倒産してしまうという事があり得る訳です。そして、この重要なお金の流れを明らかにするのがキャッシュフロー計算書なのです。

 

超重要指標ROEとは

続いて株式指標ROEについて見ていきましょう。

 

ROEとは自己資本利益率の事で、当期純利益を自己資本で割る事によって算出できます。

 

意味合いとしては、自己資本に対して何%の利益を上げることが出来るのかを示しています。

 

平たく言うと「株主の持分に対してどれだけの利益を稼げているか」を表しています。

 

なぜROEが注目されているのか

低水準にある日本企業のROE

近年では、このROE向上を経営目標に掲げる企業が増えてきました。

 

というのも日本企業のROEは低水準にあり、しばしば批判の対象となっているからです。

 

日本企業のROEの平均は5%~8%と言われています。それに対して、欧米企業は約15%程度と言われていおり、約2倍~3倍の開きがあるのです。

 

日本企業は世界的に見て明らかに低水準にあるというのが現状です。

 

日本企業も株主重視の経営へ

これまでは、ROEが低くともそこまで問題視されてきませんでした。

 

法律上、株式会社の所有者は当然株主です。以前の日本企業では、法律上は株主がオーナーであったとしてもそこまで重要視されませんでした。

 

株式の持ち合いなどの文化もあり、形式だけになっていた部分も大きかったからでしょう。

 

しかし、時代は変わってきています。

 

株主を重視した経営とセットで語られるのがROEなのです。このROEが重視されてきています。

 

ROEの向上は株主の利益に直結する

株主の利益はキャピタルゲインとインカムゲイン

株主の利益の得方は2種類あります。キャピタルゲインとインカムゲインです。

 

キャピタルゲインとは株価の上昇による売却益です。単純に購入した株価が値上がれば利益が発生します。

 

インカムゲインとは配当金の受け取りによる利益です。株式会社は通常、株主に配当金を出しますので、これがインカムゲインとなります。

 

ROE向上によるキャピタルゲイン

ROEの式は覚えていますか?

 

ROE=当期純利益/自己資本

 

株価の上昇には様々な要因がありますが、きちんと利益を増やしていく会社はやはり株価が上がりやすいです。

 

すなわち、ちゃんと利益を出してROEを向上させていく事でキャピタルゲインにつながるわけです。

 

ROE向上によるインカムゲイン

続いて、ROEの分母「自己資本」に注目してみましょう。

 

配当金はこの自己資本から支払われます。自己資本が小さくなると、分母が小さくなるためROEも向上します。

 

つまり、企業が株主の利益になるように多く配当金を支払うとROEも向上する訳です。高いROEを維持しようと思ったら積極的な株主還元も必要なのです。

 

このように株主を重視しているかどうかはROEをチェックすることで判断できます。

 

まとめ

今回は株式投資で重要な財務諸表とROEについて解説しました。

 

  • 「貸借対照表」は企業の財政状態を示す
  • 「損益計算書」は今年1年の企業の成績表
  • 「キャッシュフロー計算書」はお金の流れを表す
  • 「ROE」の向上は株主利益に直結する

 

財務諸表とROE、株式投資の際はぜひ注目してみて下さい。

 

おすすめの記事