金融の“プロ”というと皆さんはどのような人を想像するでしょうか?

地方銀行やメガバンで働く人、または証券会社勤務の人を想像するかもしれませんね。

 

ただ、実際に彼らと接して来た身としては、彼らはプロと呼ぶほどの知見を持ち合わせてはおりません。

 

実際、同じように金融の業界だとしても就職する先によって驚くほど個人のレテラシーに差が生まれます。

私がプロと呼んで良いと思っているのは、外資系投資銀行等、一部の極めて専門的な金融機関に5年以上勤めた人、フィナンシャルアドバイザー等として5年以上充分な収入を得ている人、プライベートバンカー、あとは投資ファンド勤務の人や、個人投資家として長期で成功している人です。

 

資産運用という意味では、彼らは普段、他の人達に指南をする立場だと思うのですが、では彼ら自身はどのように自分の資産を運用しているのでしょうか?

 

今回は、金融のプロ達の資産運用について、私の知る限りでその代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

 

金融のプロは、これに投資しない

まずは金融のプロが買わない商品から。

一般の方達は手をつけてしまいますが金融のプロで投資しているという人を見たことがないという商品がこちらです。

 

投資信託

投資信託で運用しているという人は、ほとんどみたことがありません。

アクティブ運用に運用としてのパフォーマンスがないこと、インデックス型を買うならETFで良いということを知っていることなどが主な理由です。

 

銀行預金、日本国債

預金、日本国債ではお金は増えません。

金融のプロ達は、適切な投資先に投資すれば資産は「増えて当然だ」ということを知っています。

 

資本主義経済の原理原則は、“拡大”なので、ランダムに何かの商品に投資したとしても期待値的にはプラスなのです。

ということで、利回りが0.0~%というような商品には目もくれません。

 

仮想通貨等の投機色の強い商品

遊び半分でやっている人はいますが、積極的に投資をしているという人はあまり見たことがありません。

結局ただのギャンブルだと知っているので、これで真剣に儲けようという気はないということです。

 

 

金融のプロは、これには投資する

次に、金融のプロはこれには投資する、という商品をみていきましょう。

なお、「それは素人でも真似できる投資なのか」ということに興味があると思いますので、素人が模倣できるような投資方法なのかどうかという点についても触れていきます。

 

個別株

自分で適当に株を選定して保有する人が、多少はいます。

ただ、本格的に個人のトレーダーとして活動をしない限り、分析や購入後の売却タイミングの精査が容易でないことを知っているので、実はそこまでの確信を持たずに趣味で株を持っているというパターンが多いです。

 

素人が真似できるかと言うと、真似すること自体はできますが、もちろんやらない方が良いでしょう。

 

外国債券

割と保有している人が多い商品です。

米国債を買っているパターンなど、よく見ます。

 

外国の債券を買うというのはある程度リスクをおさえつつ2~5%くらいのリターンを狙って行きたい場合にとても有効な選択肢なのですが、問題となってくるのは為替リスクです。

 

為替が平気で10%,20%と変動するので、外国債券に投資をするタイミングを見間違えると、債券自体の利回りを平気で帳消しにしてマイナスリターンとなってしまうのです。

 

しかし、金融のプロと呼ばれる人達は、今が円安なのか円高なのかくらいは冷静に見極めることが出来ますので、円高に振れているタイミングを見計らって、一気に外国債を購入します。

これがリスクを抑えつつ、そこそこリターンを狙う投資をするコツです。

 

ちなみに素人が真似できるのかと言うと、外国債を買うこと自体は真似できますが、円安円高の判断ができないので、何とも言えません。

 

為替は、長期で見る必要があるので、10年後20年後にどれくらいのレートになっているべきかということを考える必要があります。

これが容易ではありません。

 

プロの意見を仰ごうにも、なかなか本当に為替に精通している人の意見は世の中に出にくいというのが本当のところです。

世の中に出ている経済ジャーナリストやコメンテーターの人というのは視聴率を集められる過激な意見を言う人のパターンが多く、彼らは露出自体を仕事にしています。

 

現状を本質的に捉えている有識者の見解というのは世の中に出ない(出す必要がない)というのが実態なのです。

 

ということで、真似はしても為替については運任せだと思って取り組むしかないでしょう。

 

全世界型株式のETF

全世界型のETFに資産を振り分けている人はかなりいます。

前提として、このような金融のプロというのは収入が多いので、自分の資産自体は大きくリスクをとらず年に3~4%の運用でも良いと考えてる場合が多いのです。

 

なので、長期でみれば確実に成長していくであろうという理由で全世界の株式へ分散投資していくという考えになるパターンが往々にしてあります。

 

ちなみに地球全体でみた場合の、株式市場自体の成長率は3~4%だと言われていますので、短期的には何がおこるか分かりませんが20-30年の長期でみればこの程度の利回りは理論的には期待できます。

 

素人が真似できるかどうかで言うと、簡単にできるでしょう。

ただし、収入のベースが違うので3~4%程度の利回りで良いのかどうかという問題は別で残ります。

 

ヘッジファンド等、私募のファンド

ヘッジファンド等を活用して自らの資産を運用するパターンはよく見かけます。

ヘッジファンドというのは、富裕層向けの専門的な投資ファンドです。

数十人から数百人程度のお客さんに投資してもらい、数億から数百億の資金で投資を行います。

 

金融のプロがヘッジファンドを活用するのは、手数料を払ってでも優秀なトレーダーに運用を任せる方がリターンの期待値が高いということを知っているからです。

実際、統計によりヘッジファンドの平均リターンは市場の平均値を大きく上回っていることが分かっています。

 

なお、彼らがヘッジファンド等を活用するもう一つの理由は、ヘッジファンドを活用「できる」からです。

変な言い回しになりましたが、私募のファンドというのは大抵出資に関しての最低額が決められています(1,000万円以上、など)ので、それを超える資産がないと投資をすること自体が難しいという難点があるのです。

 

金融のプロは収入のベースがあり、ある程度資金をもっていますのでこのハードルをクリアすることができます。

 

そして、もう一点。このような私募ファンドは、発見するのが難しいです。

というのも、銀行の窓口や証券会社の担当者からヘッジファンドの投資を勧められるということはないからです。

 

金融のプロと呼ばれる人達は自分の人脈から、優秀なヘッジファンドへと辿り着きます。なので彼らはこうした私募ファンドを活用しやすい立場にあるのです。

 

なお、素人がこのヘッジファンド投資を真似できるかと言うと、資金があれば可能です。

投資可能な資産が1,000万円以上あるという場合は考えてみるとよいでしょう。

参考:【初心者】ヘッジファンドに初めて投資する時に気をつけたい、5つのポイント

 

 

おわりに

以上。

今回は、金融のプロと呼ばれる人達が、実際に自分の資産をどのように運用しているのかということについて解説してきました。

このような専門的な観点からまとめたおすすめの投資先ランキングは以下にまとめています。興味があればのぞいてみて下さい。

おすすめの記事