投資を始めようと思った時に一番最初に検討する選択肢の一つが「投資信託」でしょう。ですが投資信託というのはそもそも、一体何なのでしょうか。投資に値するものなのでしょうか。

 

今回は投資の初心者に向けて、投資信託とは何なのか、どのようなメリットやデメリットがあるのか、ということを解説していきます。

投資信託って何?

投資信託、というのは投資をしようと思っている皆さんにとって言えば一つの投資商品です。そこに資金を投じることで、うまくいけば資産を増やすことが出来ます。

 

そういう意味では、「株」や、「外貨」などと並列で捉えることが出来ます。手元にお金が1,000万円あるのであれば、それを株に投資しても良いしドルに投資しても良いし投資信託に投資しても良いのです。

 

投資信託のメリット

投資信託には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

資産を増やすことができる

余りにも基本的なことなので書こうかどうか迷いましたが(笑)、投資信託を保有することで資産が増えることが期待できますので、これをメリットとして明記しておきます。

 

投資信託を買うかどうか、という判断をする場合には、比較対象として「銀行に置いておく」といった選択肢もあると思いますが、今の時代銀行に預けていても受け取れる金利は0.001%程度です。

1,000万円預けても年間に100円しか受け取れません。全く増えていないと言って良いでしょう。

一方、投資信託と言った投資商品を保有することで、上手くいけば年間で10%といった利回りを確保することが出来ます。先ほどの1,000万円の例でいけば100万円です。

ただ投資をするだけで他に何のせずして手に入るのです。これは投資信託といった投資商品の持つメリットです。

 

分散投資が出来る

まず一つ目は、分散投資が出来る、という点です。

投資信託というのは、皆さんのような投資家からたくさんお金を集めて、そのお金で複数の先へと投資をしています。

 

よって、投資信託1つに投資をすることで、実質的に分散投資ができるのです。

投資の世界には、単一の銘柄に投資をすることは危険であり、複数の投資先に分散させることでリスクを和らげたほうが良いという考え方があります。

よって、この投資信託の持つ分散投資という側面はメリットとして語られるのです。

 

実際のところ、本当に賢明な投資家はむやみやたらに投資先を分散させないのですが、初心者はやはり単一の投資先に集中的に投資するのは怖いでしょうから、投資信託により分散投資を行うというのは良い方法だと思います。

 

手続きが簡単

投資信託へ投資するに当たって、複雑な手続きは必要ありません。

証券会社や銀行などの販売会社へ出向くか、もしくはインターネットの販売会社経由で申し込みを行うことも可能です。

 

初めて投資信託に投資をする時は、販売会社に口座を開設する必要があるため、その際に身分の確認出来るもの(運転免許証やマイナンバーの分かる書類)を提示します。諸々の手続きを含めて、数時間もあれば投資が可能です。

 

小額から投資することができる

投資信託は、1,000円や1万円と言った小さな金額からスタートすることができます。

世の中には、富裕層に向けたラップ口座や、ヘッジファンド(プライベートファンド)といったサービスがありますが、これらは少なくとも数百万円、高いところで数千万円が最低投資金額となっています。

敷居が低いのは投資信託のメリットの一つと言えるでしょう。

 

一度保有したらあとは放置しておける

これは、自分で株やFXをやる場合との比較になりますが、投資信託には「一度保有したらあとは放置で大丈夫」という特徴があります。

投資信託にはファンドマネージャーと言って、資金の投資先をどうするか考える人が設定されていますので、投資家は毎日個別の株価をチェックする必要もありませんし、市場の動向を注視して売り買いの判断をする必要もありません。

 

投資家として生計を立てようとしているような方を除いて、皆さんには本業があると思いますから、そちらに集中することが出来るというのは、投資信託の持つメリットです。

 

投資信託のデメリット

では投資信託にはどのようなデメリットがあるでしょうか?

見ていきましょう。

資産が減る可能性がある

当たり前なのですが、投資した資産が減る可能性があります。

投資信託というのは元本が保証されているわけではありません。大きい時では、年間に30%近く資産が減る可能性もあります。

仮に1,000万円を投資をしていたら、何もしていないのに300万円が減ることになるわけです。この喪失感は計り知れません。

デメリット、という表現が正しいかは分かりませんが、投資信託に投資をするということには相応のリスクが伴うということは覚えておいて下さい。

 

手数料をとられてしまう

投資信託へ投資するというのは、先ほど図で説明した通り、投資信託という資金プールを通じて「株」や「国債」といった他の投資先へ投資することなのですが、自ら個別の株を買う場合と違い、手数料がとられてしまいます。

 

手数料を支払う先は、大きく分けると、投資信託の販売会社(証券会社、銀行、等)と投資信託を運営している会社(アセットマネジメント会社)の2つです。

 

 

上図のように、投資家は、個別株や国債などに投資するに当たって2つの会社に手数料を支払います。

手数料というのは商品によって変わりますが、購入時に投資金額の数パーセント、そして毎年、投資金額の数パーセントが引かれます。

自ら色々な投資先に投資することに比べて、「手間」や「運用の実力」面でメリットがあると思っている人が、お手軽な投資先として投資信託を選ぶわけですね。

 

 

どの投資信託にするか選ぶのが難しい

投資信託に関する公的なデータを扱っている、一般社団法人投資信託協会によると、2018年現在、一般人の買える投資信託は6204本も存在するそうです。

 

そして、金融庁のデータによればこういった投資信託のうち約半数が損を出しているとのことです。つまり、あなたが投資信託を買うと、半分の確率で損をしてしまうのです。

 

更に難しいことに、あなたに投資信託の営業をしてくる証券会社の販売員や銀行の営業担当員は、金融のプロとは言えません。つまり彼らはどの投資信託が儲かって、どの投資信託は儲からないのか、判断する力がないのです。

 

結果的にあなたは投資信託を買うにあたって、ある種の「賭け」を行うことになります。たまたま良い投資信託に投資をすることが出来るかどうかは運次第といったところです。

 

これは投資信託のもつデメリットの中で最も深刻なものだと思います。

 

多くの場合、運営者が優れたトレーダーというわけではない

先ほど放置しておけるという話しで、投資信託にはファンドマネージャーが設定されており彼らが勝手に投資先を決めてくれると説明しました。

それ自体は間違いない事実なのですが、しかし彼らの能力はどうなのかというと非常に怪しいのが実態です。

多くの場合、日本に存在する投資信託のファンドマネージャーは、ただのサラリーマン。物凄いトレーディングの実力を持っているとは限らないのです。

結局、これこそが日本の投資信託の半分が損を出してしまっている理由なのだと思いますが、大船に乗ったつもりでいられるほど期待の出来る投資信託というのは中々ないと思っておいて間違いないでしょう。

 

結論:投資信託は儲からない

結論を一言で言うならば、投資信託というのは儲かり辛いというのが回答になります。

無駄に手数料を色々と取られる割に儲かっている投資信託が少ないし、あと儲かる投資信託があったとしてもそれを発見するのが容易ではありません。

投資をこれから行おうと言う方は、小額であればシンプルなETFを持つか、もしくは投資資金が500万円以上あるのであればヘッジファンド(プライベートファンド)に預け入れることで金融のプロの運用してもらうのが良いでしょう。本サイトでは色々な投資信託の分析を行っているので、参考にしてみて下さい。

おすすめの記事