2019年現在、世界の株式市場は空前の好景気に沸いています。

しかし、この米国を中心とした株式市場のもりあがりは、2019年から数年内のどこかで、大きく調整される可能性があると言われています。

つまり、大規模な金融危機が訪れる可能性です。

このあたりの話は、以前、以下の記事に詳しく書きました。

⇒ 米国株は暴落の可能性あり!日本の人気投資信託が危険な、たった一つの理由。

 

さて、10年から15年に一度というスパンで世界を襲っている金融危機ですが、次にこのような株式市場の大暴落が発生した際に、一投資家である我々はどうすれば良いのでしょうか。

直近最大の金融危機となったリーマンショックの時を参考にして、実際にあった話をもとに対応を考えていきましょう。

 

金融危機がおきたら、「何もしない」が正解?

暴落が始まると多くの人が一刻も早く手放そうと考える

金融危機が発生すると、普段は冷静な投資家でもパニックに陥り正常な判断ができなくなります。

実際、リーマンショックが起こり30%~50%の株価暴落が起こった際、多くの投資家がパニックに陥り、あわてて株を売ったことが分かっています。

株を手放した投資家は、リスクの低い債券や金、現金などで資産を保有しました。

暴落している時というのは、その暴落が加速し、「このまま消えてなくなってしまうのではないか」とまで思ってしまうものなのです。

それにより売りが加速し、株価はどんどんと下がり歯止めがきかなくなっていきます。

 

とある富裕層の老夫婦と、そのプライベートバンカーの話

とある富裕層の老夫婦も、このリーマン・ショックのダメージを直接くらいました。

彼らは1990年からプイベートバンカーのアドバイスのもと長期投資・分散投資を行ってきており、幾度かの金融危機も乗り越えていましたが、とはいえリーマンショックのインパクトは余りにも大きかったと言います。

マスコミは連日悲観的な報道を続け、株式市場は元の1/10の価格が適正だと主張するコメンテーターも現れたとのこと。

不安を煽るような風潮にさらされてさすがに怖くなり、もう資産運用はやめた方が良いのではないかと老夫婦は考えました。

しかし、彼らが信頼し続けてきたプライベートバンカーは、この状況でプロフェッショナルとしての価値を発揮します。

彼は、老夫婦にこう告げたのです。

・ 過去に金融危機は何度でもあったが、その後株式市場が低迷したままだったことなんて一度もない。それらは地球に資本主義経済というものがある以上、やがて回復する。

・ 今回も、長い目線でみれば下落は「あくまで一時的なもの」になるだろう。一番悪いのは焦って今の株を手放し、一時的であるはずの損を完全に確定してしまうことだ。

・ 何も焦ることはない。手元に余裕資金があるのであれば割安で追加投資をする大いなるチャンスだとすら考えられる。このように群衆が狼狽えている時はいつだってチャンスだ。

 

老夫婦は、このアドバイスに耳を傾けることにしました。

さすがに追加の投資をする勇気はなかったものの、株価がどんどん下がっていっても腹をくくって様子見を決め込んだのです。

すると、なんと株価はリーマンショックから2年で、リーマンショックの前の水準まで戻り、それから7年も経つとリーマンショック前の2倍の水準まで上がったのです。

 

皆が狼狽えている時には、敢えて「何もしない」が正解になる

このように、不必要に多くの人がうろたえている時には、いっそのこと腹をくくって「何もしない」という行動が正解になったりもします。

株価が上がれば、このまま上がり続けると報道され、暴落すればこのまま消えてなくなると報道される。

こういった、過度に群衆を煽るような報道のもとでは、もっとも損を出すのはミーハーな人達なのです。

別に暴落だろうが何だろうが、知ったこっちゃないというスタンスを貫ければ、意外と損は抑えられるかもしれません。

 

ヘッジファンド等に預け入れることで、逆に「勝てる」可能性も?

さて、老夫婦の話は、リーマンショックのパニック化でも冷静になることの大切さを説明しました。

しかし、なかにはリーマンショックを利用して、お金を「儲けて」しまうような凄腕の投資家もいます。

中でも、もっとも代表的なのは、「グリーンライト・キャピタル」というヘッジファンドでしょう。

 

グリーンライト・キャピタルとは

グリーンライト・キャピタルとは、米国の有名投資家であるデビッド・アインホーン氏が率いるヘッジファンドです。

ヘッジファンドというのは富裕層のみが投資することの出来る、私募のファンドのことです。

⇒ 【まとめ】「ヘッジファンド」は「投資信託」と何が違うのか

 

グリーンライト・キャピタルは、近年でこそ不調が続いていますが、2013年までの20年間は平均で20%近くという驚異的な成績をあげてきました。

 

リーマン・ブラザーズの破綻を見抜いたヘッジファンド

彼らを有名たらしめた出来事こそが、リーマンブラザーズの破綻です。

2008年5月、アインホーン氏は米国の住宅サブプライムローン問題により多くの銀行が損失を計上しているなか、リーマンブラザーズだけが損失を計上していない点に注目し、同社を独自に調査し始めます。

リーマンブラザーズの財務指標を様々な観点から分析したアインホーン氏は、同社が65億ドルもの債務担保証券(ローンなどを担保とする証券)を保有していながら適切な会計処理をおこなっていないという事実を突き止めました。

これは非常に平たく言えば、損失を隠す粉飾決算を行っていたということです。

アインホーン氏はここでリーマンブラザーズからの反撃を恐れずにこの事実に言及していく一方で、同社としてリーマン株の「空売り」を開始します。

つまり、リーマンブラザーズの株価が大きく下がるということに、賭けたのです。

 

アインホーン氏とリーマンブラザーズの戦いは数カ月に及び、結局、粉飾決算が明るみに出たリーマンブラザーズは2008年9月に経営破綻。

リーマンブラザーズの株式を大量に空売りしていたグリーンライト・キャピタルは、金融市場に参加する多くの投資家が損を出す中、一人大儲けすることに成功しました。

もちろん、このグリーンライト・キャピタルに投資をしていた一般の投資家も、大きな儲けが出ています。

アインホーン氏という才能に賭けることを決めた投資家達は、市場の動きとは全く違うリターンを得る事に成功したのです。

 

結論:普通の投資家は、どうすべき?

これまで見て来た通り、リーマンショックにより大きな損失を出す人が続出する一方、

プライベートバンカーのアドバイスにより「ひたすら保有」という選択をできた者や、才覚あるファンドマネージャーに預けていたことにより大儲けすることができたという人がいます。

こういった出来事をいくつも聞いて辿り着いて私が心底思うのは、「マスコミや噂話の情報に踊らされる人は常に負ける」というものです。

例えばITバブルであったり、あとは仮想通貨であったり。

儲かるらしいという噂や、このまま暴落するらしいという噂など、世の中一般に溢れる浅い情報を鵜呑みにして判断がブレる人というのは常に損を出します。

逆に、「自分はこれしかしない」「自分はこの人しか信じない」とあくまで自分の中にだけ判断の軸をもっている人というのは、長期でみると決して負けないのです。

自分はもうこれでいく、という「決め」は、長期的に勝つためには絶対に必要な要素だと言えるでしょう。

おすすめの記事