このサイトでは資産運用の必要を再三にわたって説いているのですが、いざ資産運用を始めようにも何から手をつけていいか分からないという方が多くいるようです。

 

こうしてインターネットを使って自分で勉強しようと思っている方(このサイトに辿り着いた皆さん)はそれはそれで素晴らしいと思うのですが、一方、生で会って誰かに資産運用の話をしたいとも思っているのではないでしょうか?

 

私自身は投資の専門家として直で色々なお客さんに運用にまつわる話をしていますが、そんな私からみて、投資の初心者が「最初の相談相手を誰にするか」は資産運用における大きな分かれ道だと思っています。

 

良くも悪くも、最初に相談をした人の質によってその人の資産運用の質があらかた決まってしまうのです。

 

今回は、代表的な資産運用の相談相手に、ついて、それぞれのもつメリットやデメリットをお話していきたいと思います。

今回の話はかなり重要です。

 

家族

これは割と日本固有の風潮ではあるのですが、お金の話はまず家族に相談するという人が非常に多いです。

典型的なのは、貯金が出来たんだけど、どうしようか、と親にまず連絡をいれる20代30代の人達。親も可愛い子供の大切なお金の話なので熱心に相談にのろうとします。

 

家族に相談をすることの関するメリットは、相談相手が本当にあなたのことを考えてくれるということです。

実はこれは非常に大きな価値で、こと“お金のこと”となると親身になって相談にのってくれる相手というのは多くはありません。

 

あなたの親は、あなたのお金のことについては自分のことのように真剣に考えてくれるでしょう。悪意をもって損しそうな投資先を助言する両親は、まずいないと思います。

 

一方、決定的なネガティブポイントは、その金融リテラシーです。

親というのは必ずしも投資に関するプロではありませんし、しかも生きてきた時代が違うので投資に関する大前提がかけ離れています。

 

20代30代の方は想像もできないかもしれませんが、かつてここ日本でも銀行に預けているだけで金利が8%もつく時代があったのです。

日本全体が大きく成長している時には、資産運用についてあれこれと頭を悩ませる必要は皆無でした。

 

親世代は、「一昔前の常識」にそって資産運用の提案をしてしまうことでしょう。

このような考えは、銀行に預けているだけでは0.001%しか金利がつかないような現代には全く適合しません。

 

これは私個人の考えですが、日本の国民の資産のうち約半数が銀行預金という形で存在してしまっている現状は、親世代の考えを子供世代が引き継いでしまっているという点にある気がします。

よほど金融に造形の深い親族がいない限り、家族への相談という形で資産運用のベースを考えるのはやめた方が良いでしょう。

 

 

銀行の窓口

次に身近なのは、銀行の窓口ではないでしょうか。

特に退職金を受け取った際などは、銀行がまずあなたの資産を把握することになりますから、このタイミングで銀行が資産運用について提案してくるというパターンはよくあります。

 

それ以外にも、預け入れ残高が一定金額をこえると、電話にて投資信託の紹介や、ニーサ活用の説明などをしてくる銀行もあります。

お客さんの資産を握っているので、資産運用の潜在顧客へもっともアプローチしやすい状況にあるのです。

 

ただし、銀行での資産運用相談に関して、顧客にとってポジティブな側面はほとんどありません。

というのも、相手はあなたの給料や資産状況を正確に把握しているので、それに合わせた、もっとも「ギリギリ買える範囲の高額商品」を提案してくることになります。

あなたは自分のギリギリのラインを相手に見せてしまっているということです。

 

また、銀行では取り扱っている投資信託等の種類が少ないことに加え、銀行の窓口営業員のコストなどを含めて投資信託を設計・販売している場合が多いので手数料に関しても比較的高いものが多くなっています。

 

加えて、銀行の販売員自体は金融に詳しいわけではないので、そもそもリテラシーの面でも素人と大差がありません。

 

特に、300-500万円以上から投資できるということで近年銀行が熱心にすすめているラップ口座が最悪で、「顧客に応じた運用を銀行が責任もってやりとげる」と謳っているのですが実態としては顧客に提示されたリスクリターンに合わせたいくつかのパターンにそって投資信託を買うだけのお粗末なものになっています。

 

あなたのことを考えてくれるかどうか、そして営業員の実力、という観点からも銀行の窓口に相談するというのは避けたほうが良い選択肢と言えるでしょう。

 

証券会社

次に、証券会社の担当者に相談する場合を考えてみましょう。こちらも、よくある選択肢なのではないかと思います。

 

証券会社の接点は主に2種類で、投資信託や生株を買おうと思って自分から問い合わせをするか、もしくは営業マンが何かしらの方法で営業をかけてくるかです。

 

証券会社に相談するメリットは明確で、取り扱う金融商品が多いことです。

銀行の窓口では購入できないのような、様々な投資信託や個別株、外国債券なども購入することが可能です。

 

一方、デメリットとしては銀行以上に顧客目線では “ない” こと。

 

銀行というのはそもそも顧客に資産を預金してもらうだけで一応銀行として一定の収益がたっているわけです。

つまり資産運用の営業というのは、「資産運用もしてくれたら嬉しい」というアップセル営業になるのです。

ですから、ゴリゴリと必要以上に資産運用をするよう促してくることはありません。

 

一方、証券会社の営業マンはと言えば状況は全く違います。

彼らは一人一人に厳格なノルマが設定されており、1ヶ月で何人の顧客にいくらの投資をさせるのかということを必死に考えているのです。

とにかくお客さんに投資信託を買ってもらうことがゴールなので、あり、その人に本当にあっている商品はどれか、どの商品が本当に儲かりそうかといった顧客の未来は二の次三の次になっています。

 

また、証券会社の販売する金融商品は商品毎に証券会社のリターンが決まっており、これが個人の業績と連動するようになっているので、とにかく証券会社側が儲かるような商品を売りたいという思いが証券会社の営業マンにはあります。

 

これは手数料というかたちで投資家には返ってくるので、究極的には、証券会社の営業マンとそのお客さんは利害が対立しているのです。

証券会社の営業マンを信じるというのは、非常に危険な行動です。

 

加えて、投資信託を組成しているようなアセマネ会社の社員ならまだしも、販売に特化した“証券会社”という会社の構造上、営業マンの金融の知識が深くならないというもの頂けません。

 

彼らは証券会社に入って行こう、投資のプロではなく、販売のプロになるように訓練されます。

実際、どこに投資をするかという能力と、どれだけの人に売るかという能力は全くの別物なので、証券会社の営業員は金融リテラシーが育たないまま、小手先の営業力だけがどんどん伸びていくのです。

 

実際、証券会社出身で偉大な投資家になったというような人の話は聞いたことがありませんし、逆に証券会社でいい成績を出した人達が自分の資金の投資がうまくいかず頭を抱えている場面を何度も目の当たりにしました。

 

総じて、営業員と顧客の関係性から言っても、またその投資に関する能力から言っても、証券会社の営業員を頼りにするというのは避けた方がいいでしょう。

 

 

今回はここまで。

では、一体誰に相談すれば良いの?と思うかもしれませんが、それについては以下の記事で明らかにしていきたいと思います。

⇒ 【徹底比較】資産運用の相談相手は誰が適切?保険担当者、金融畑の知人、金融のプロを比較

おすすめの記事