今回は、5,000万円程度の資産をどのように運用していくのが望ましいかというお話をしたいと思います。

サラリーマンであれば5,000万円まで貯められる人というのは珍しいと思いますが、退職金や保険金や相続により、一気に手元に資金ができてしまうということは、往々にしてあります。

 

資産ができると、その情報をもとに銀行や証券会社がこぞって色々な金融商品を紹介してきますが、そのような営業で失敗しないよう、運用の考え方を伝授できればと思います。

 

100万円を運用するのと5,000万円を運用するのとでは、とれる選択肢が全く違うので、そもそも普段検討していなかった投資先を考えることになります。

 

そのあたりについても、詳しく解説できればと思います。

 

5,000万円の運用シュミレーション

さて、まずは5,000万円を運用した場合、年率にしてどの程度が狙い目なのかという点についてみておきます。

 

以下が、5,000万円を10年間運用した場合における年利毎の運用結果です。

(単位:万円)
0年目 1年目 2年目 3年目 9年目 10年目
年利:1% 5,000 5,050 5,101 5,152 5,468 5,523
年利:2% 5,000 5,100 5,202 5,306 5,975 6,095
年利:4% 5,000 5,200 5,408 5,624 7,117 7,401
年利:6% 5,000 5,300 5,618 5,955 8,447 8,954
年利:8% 5,000 5,400 5,832 6,299 9,995 10,795
年利:10% 5,000 5,500 6,050 6,655 11,790 12,969

 

この中で、私が現実的に狙うべきだと考えるのは年率にして6~8%です。

つまり、10年間の運用によって、9,000万円から1億円程度まで資産を増やすことをターゲットにすると良いのではないかと思います。

 

理由は、まず年率が1%,2%といった低い利回りでは、10年間に及んで運用しても1,000万円程度のキャピタルゲインしか得られないこと。

これでは年間に100万円程度を受け取っていることにしかならず、現実的に運用による利益を教授しているとは言い難い成績です。

 

一方で、年利が10%を超える投資になってくると、リスクが一気に上がります。

優れた投資家と呼ばれる人でも、10年以上の間常に10%以上の利回りを出すというのは至難の業です。どこかで大きくリスクをとり、20%,30%といったリターンを出す年を作らないといけません。

 

それは、「資産運用」として大事な資金を運用しようと考えている方にはマッチしない投資方法だと考えます。

 

それでは、どのような投資先がありえるのか、一つ一つ、みていきましょう。

 

5,000万円の投資先(1):投資信託

まずは投資の選択肢として最もメジャーな、投資信託という方法があります。

投資信託にも色々とありピンキリなので一概には言えませんが、5,000万円の資産があるのであれば投資信託に投資するというのは勿体無い選択肢です。

 

というのも、投資信託の最大の魅力は敷居の低さと、流動性の高さだからです。

敷居の低さというのは投資最低金額のことですが、これがとにかく低く、1万円程度からでも投資をスタートできることは、投資信託を選ぶ上での最大の理由でしょう。

 

また、流動性の高さ。投資信託は解約したければいつでも出来ますし、即日口座に現金として入金することが可能です。

この流動性の高さも、投資信託を選ぶ大きな理由です。いきなりお金が必要になった場合に、とっさに解約することができます。

 

しかし、5,000万円という資産を運用するに当たって、このような投資信託のメリットはあまり意味をなしません。

というのも、5,000万円という資金があるのであれば、もう少し内容の良い、ラップ口座やヘッジファンドといった富裕層向けのサービスを受けることが出来るからです。

 

これらについては後述しますが、やはりお客様を絞っているだけあって運用の内容は投資信託よりも質が高くなっている場合がほとんどです。

 

また、流動性についても、5,000万円を保有しているのであれば手元に500万円程度現金を残しておけばあり必要はありません。

突然必要になる分は現金として保有しておくだけの余裕がある金額なので、流動性というものが価値として直結することは少ないでしょう。

 

投資信託というのは、とにかくお金のない人のためのお手軽な投資先という立ち位置です。

5,000万円という金額の投資先としては、イマイチと言えるでしょう。

 

5,000万円の投資先(2):不動産

次に、不動産をみてみます。これは、投資先としてみた場合には無しではありません。

 

ただし、不動産投資の最大の魅力はなんと言っても「ローンが組める」という点です。

不動産という実態あるものに投資をするということを前提に、銀行がお金を貸してくれるわけです。

 

このように人のお金で何かしらに投資を出来るからこそ、不動産投資には価値があるのです。

(逆に、投資信託に投資をしたいのでローンを組ませてくれと言っても、それは叶いません。)

 

5,000万円程度の資金があるのであれば、いきなり5,000万円一括で不動産を買うのでなく、

500万円から1,000万円を頭金にしてローンを組み、4,000万円から7,000万円の不動産を、購入すると良いでしょう。

 

現在、不動産業界の流れから頭金としてこれくらいの資金を用意できるお客さんというのは非常に強いので、このプランを念頭に一度話を聞いてみるのが良いと思います。

 

所有する物件については、安定して利回りを狙うのであれば、おすすめは都内郊外のアパート投資です。

都心部は割高になってきており、しかし田舎だとこの先需要が消えてしまう恐れがあるので、都内郊外というのはバランスの良い投資先になっています。

 

ただし、どれだけ良い物件を引き出せるかは不動産業者次第なので、そこは気をつけないといけません。

以下は、私が個人的におすすめだと思う東京都内郊外専門の業者です。もし興味があれば問い合わせをしてみると良いでしょう。

⇒ 東京都内郊外の有力不動産への投資 『カフマンアブロード』公式ページへ

 

5,000万円の投資先(3):ラップ口座

近年、証券会社を中心に金融機関が力を入れているのが、こちら。ラップ口座です。

 

ラップ口座、とは、簡単に言うと、運用をまるっと金融機関に任せるという形態の資産運用です。

年に2%程度の報酬で、勝手にポートフォリを組み替えることをお願いします。

 

投資家サイドのメリットとしては、一度お願いしてしまえば、自動で投資先を変更してくれるので特に運用について何も意識を割かなくて良いということです。

 

投資信託と違い、預け入れにあたっての初期投資額のハードルが課せられており、これが300万円から1,000万円程度になっていることが多いです。

5,000万円を保有しているのであれば、充分投資をすることが可能です。

 

ラップ口座自体は、個人的には適当に投資信託を保有するよりは良いと思うのですが、懸念点が2つあります。それは運用している人がプロでないこと、あとは顧客に見えない手数料がかさむことです。

 

一つ目のポイントとして、運用者なのですが、これは主に証券会社の社員が担当します。

と言っても、数百ある顧客の個人投資家の傾向にそって、リスクとリターンを丁度よくした投資先のパターンを用意し、それに当てはめて投資をするというのが実態です。

 

つまり、能力ある人が自らの能力と責任で運用を行うというよりは、ある程度のパターンに当てはめてから、サラリーマンの社員が少し調整する程度というのが本当の姿です。

結果として、市場に打ち勝つような素晴らしい運用を教授できることはほとんどありません。

 

これはラップ口座の問題点です。

 

そして、もう一つは顧客に見えない手数料がかさむということ。

ラップ口座として預け入れることで運用するというのは証券会社が証券会社側の判断で顧客のお金をどこかの投資信託に投資させることがほとんどなのです。

 

この場合、顧客はラップ口座として支払っている手数料(年間額面に対し2%)しか見えてはいませんが、その先には投資信託としての信託報酬が乗っかっています。

 

しかも、どの投資信託に投資をさせるかも証券会社が選び放題なので、悪意ある証券会社であればそれこそ手数料の高い投資先を意図的に選定することもありえます。

 

顧客が、実際に自分がいくら手数料を払っているのか分からなくなってしまうというのは、ラップ口座の抱える重大な問題でしょう。

 

5,000万円の投資先(4):ヘッジファンド

最後は、ヘッジファンドという選択肢です。

 

あまり普段聞き慣れないと思いますが、これはヘッジファンド自体が富裕層のみを相手にしており、最低投資金額が通常1,000万円以上になっているからです。

証券会社等でも販売されていないので、知り合いに関係者がいない限りは投資先の選択肢としてあがってすらこない金融商品です。

さて、ヘッジファンドは出会うのが難しいですが、一方、運用先としては非常に魅力的です。

 

最大の特徴は「絶対利益の追求」といって、市場の動きに左右されず、確実に利益を積み上げて行くということにあるのですが、この言葉が示すとおり過去の統計ではヘッジファンドの利回りは市場の利回りを大きく上回っています。

 

ファンドマネージャーが投資に関するプロフェッショナルであること、またヘッジファンドの構成員が、自らの資産をヘッジファンドに投資している点(商品に対して覚悟がある点)も、投資家からすると良いポイントです。

 

問題点は流動性で、通常、引き出しのタイミングが年に数回しかありません。

ヘッジファンドに預け入れる際には、急に必要になる現金については、数百万円程度、銀行に残しておいた方が良いでしょう。

いずれにしても、いくつかのハードルをクリアすれば、5,000万円といった大きな金額を投資する先としては最適だと思います

 

日本にも1,000万円程度から投資できる魅力的なヘッジファンドがあり、そちらについては詳しく他記事で書いていますので興味ある方は以下をご覧下さい。

⇒ 将来有望?投資ファンド『トータスパートナーズ』の仕組みや投資手法を解説

 

まとめ

以上、今回は、5,000万円を運用するにあたっての有力な投資先を一つずつ解説していきました。

これらをふまえた上で、2019年に投資するならどこがおすすめか、ランキング形式でものせていますので、是非参考にしてみて下さい!

▼おすすめファンドランキングはこちら▼

おすすめの記事