今、ヘッジファンド、という言葉には少なからず「ハイリスク」というようなイメージがあるように思われます。

私の知り合いは、ヘッジファンドへの投資を、なにか大きな賭けに出ることかのように報告してきました。

 

しかし、本来ヘッジファンドというのはどちらかと言うと守りの運用をするために生まれた存在です。

 

今回、ヘッジファンドがどのように生まれたのかを説明し、なぜ現代ではハイリスクなイメージとなってしまったのかについてその経緯を書いていきたいと思います。

 

ヘッジファンドの誕生 ーアルフレッド・ジョーンズー

ヘッジファンドが生まれたのは1949年の米国であるとされています。

日本がまだ戦後の混乱期にある中で、米国の株式市場ではヘッジファンドが産声をあげていたと考えると感慨深いものがあります。

 

さて、ヘッジファンドを生み出した人物の名は、アルフレッド・ジョーンズ。

金融の世界以外ではあまり名の知れていない人物ですが、彼は投資家であると共に、著名な学者でもありました。

 

それまでの米国にも投資ファンドというものは存在したわけですが、彼の投資ファンドが「ヘッジファンド」という名称を以て他と区別されるようになったのはその手法が余りにも革新的であったからです。

 

アルフレッドジョーンズの発案

アルフレッドジョーンズが投資ファンドに持ち込んだあらたな手法とは、今のヘッジファンドのベースをなすものであり、具体的には以下の要素です。

 

1)成果報酬体型

それまでの投資ファンドと違い、アルフレッドジョーンズは投資ファンドが勝った時に、勝ち分から〜%の報酬を得るという契約形態を取り入れました。

これは、ファンドとして絶対に勝つ運用をするという強い意思の現れです。

 

2)ファンドマネージャー自身のファンド出資(いわゆる、“セイムボート”)

アルフレッドジョーンズは、自分自身の資金を自分が運営するヘッジファンドに預け入れました。

つまり、客が損をする時は自分自身も損をする時だ、ということを暗に伝えたのです。

これは“セイムボート出資” と言って投資家と受託者の利害が一致するという意味で非常に新しいスタンスでした。

 

3)ロングショート、マーケットニュートラル、ショートポジション、アービトラージといった戦略

アルフレッドジョーンズのファンドでは、割安なものをロングするだけでなく割高なものへのショートポジションや、理論的に同一価値のものの価格差が出ている時に同時に売り買いを仕掛けることで確実に利鞘を稼ぐアービトラージ戦略といった手法が採用されました。

 

これらは、市場の値上がりに賭けるというだけのそれまでの投資ファンドの、ある意味で博打的戦略とは、一線を画すものでした。

 

 

アルフレッドジョーンズの考え

このような手数料体型や戦略を持ち出したアルフレッドジョーンズは、一体、何を考えていたのでしょうか。彼のベースとなる金融感は、どこにあるのでしょう。

 

それは「市場がいつまでも好調とは限らない」という言葉に集約できます。

市場が好調とは限らないから独自の戦略で他のマーケット参加者を出し抜いていかないといけないと彼は考えたのです。

 

そしてファンド運営者への見返りは、どれだけ勝ったのかという実力に基づいて支払われるべきであろう、さらには、その実力や自信を示すためには、自分自身が資金を投じ、投資家と同じ目線でいることが大切である、ということなのです。

 

ヘッジファンドの語源となっている“ヘッジ”という言葉は、垣根、塀、という意味を持ちます。

これは顧客の資産を“守る”鉄壁の運用をしようという思想から生まれたものなのです。

 

ヘッジファンドというのは、本来ハイリスクとは真逆の、“ローリスク”を目指してつくられた投資ファンドだったのです。

 

アルフレッドジョーンズの大勝利

アルフレッドジョーンズが知人の投資家を集めて生み出した「第一号ファンド」は、その後10年以上にわたって大きく市場平均を打ち破りました。

 

これが知れ渡ると、1960年以降、空前のヘッジファンドブームが起こり、1962年の段階で米国におけるヘッジファンドの数は200以上にもなったと言われています。

 

1970年代のヘッジファンド

このあたりで特筆すべきは、ジョージソロス率いるクォンタムファンドの出現でしょう。

彼らはアルフレッドジョーンズの考案した手数料体型やセイムボートのスタイルを踏襲しつつ、しかしさらにハイリスクな投資に乗り出しました。

 

ジョージソロスは、グローバルマクロと呼ばれる全世界の株式・為替の水準を元にした大胆な投資により、運用を開始した1973年から10年で基準価額40倍という脅威の利回りをあげたのです。

ソロスは時に大負けすることもありながら、圧倒的な成果を上げ続けて伝説となりました。

 

そしてこのあたりを境に、高いレバレッジをかけて外貨や固有銘柄に集中投資を行うハイリスク型のヘッジファンドが一定数出現します。

 

そして現代へ

ヘッジファンドの状況は、実はこのジョージソロス後にハイリスク型が増えた時からあまり変わってはいません。

従来型のかたい運用をするヘッジファンドが中心で、そこにハイリスクハイリターンで一夜にして伝説入りしてやろうと意気込むファンドとが少し混ざっているのです。

 

ではなぜ、「ハイリスク」というイメージが先行するのかと言うと、そういうヘッジファンドの方が頻繁にニュースに取り上げられるからです。

 

「レバレッジ〜倍で運用していたヘッジファンドが、初年で8倍の利回りを達成したが、翌年90%以上の資産を失い解散」「〜ヘッジファンドが〜株を驚異的な額のショートポジション」等、

ド派手な動きをするヘッジファンドは金融関連のニュースで取り上げられ、そのたびに一般の投資家はヘッジファンドがハイリスクで恐ろしい投資をする機関だと思ってしまうのです。

 

しかし、実際のところ、ヘッジファンドはその成り立ちからも守備的なのであり、現在に至っても多くのヘッジファンドが年に6-10%程度の運用を目指す健全な運用を心掛けています。

 

今ヘッジファンドへ投資する際には

ヘッジファンドへ投資する際には、この従来型の守りの運用を心掛けるヘッジファンドなのか、はたまたハイリスクでハイリターンを狙うファンドなのかは充分に確認しておいた方が良いでしょう。

 

確認する方法としてはターゲットとする利回りを聞いてみるのが基本です。

30%以上の利回りを狙っている場合には相応のリスクを背負っているということになるのでハイリスクファンドであることが考えられます。

 

また、レバレッジをどの程度かけているかを聞いておくことも重要です。

レバレッジとは、銀行から借り入れして投資を行う手法のことで、実際の資金以上の金額を投資することができる(しかしリスクも大きくなる)という特徴があります。

2倍、3倍のレバレッジをかけているファンドは、かなり攻めっ気が強いと言えるでしょう。

 

ヘッジファンドも組み入れた、おすすめの投資先ランキングは以下にまとめてありますので参考にして下さい。それでは!

おすすめの記事