株式投資と言えば、多くの人がイメージするのは上場企業の株への投資でしょう。

しかし、実は上場していない非上場株(未公開株)へ投資することも可能です。

 

今日は、一投資家として未上場企業へ投資する方法や、そのメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

 

そもそも、企業が「上場」する意味とは?

企業が上場すると、証券取引所にて誰もが自由にその会社の株を売り買いできるようになります。

 

しかし上場に当たっては、2年以上に及ぶ厳正な審査と、5000万円以上に及ぶ費用が必要となります。(その後も、毎年5000万円から8000万円程度の維持費が掛かります)

また自社の財務状態を常に世の中に晒し続けないといけません。

 

それでは、企業は上場によりどのようなメリットを享受することができるでしょうか?

 

資金調達

企業視点でみた場合に、上場する最大のメリットは “資金調達” です。

個人が特定の上場企業の株を買うことで、企業に資金が流入します。

企業は、株式を一般に公開することで、見ず知らずの人達から投資を受けることが可能になるのです。

 

これにより、企業として新たな投資を行うことが可能になります。

 

社会的な信用

また、上場に当たっては証券取引所が設ける基準をクリアしなくてはなりません。

この審査は、多大な時間と費用を使って行われるのですが、これらの審査を通過することで社会的に信用を得ることができます。

 

銀行の融資や、新規の取引先との契約締結の際、上場しているということがビジネスをスムーズにさせます。

 

優秀な人材の確保

最後に社員獲得に当たっても一定の意味を持ちます。

やはり上場企業、という肩書きは優秀な人材を集めることに一役買うものです。

 

企業が上場することで、人材市場においても存在感を発揮することができます。

 

企業が、敢えて上場しない意味とは

一方で、上場をしないメリット、というのもあります。

これは、ただ単に上場にあたってのコストが掛からないという以外にも、経営的な目線で明確なメリットがあるのです。

日本でも、サントリー、JTB、日本生命、小学館といった大企業は非上場のまま経営を続けています。

 

非上場のメリットは、主に以下の2つです。

 

経営の自由

株式を一般公開すると、企業側が株主を選択することができなくなります。

つまり、企業の株を一定数集めて会社の経営自体に口出しをする、物言う株主の存在を除外することができません。

企業は法律上、基本的に株主のものですから、こういった大株主の存在は自由な経営を阻害する要因になるのです。

 

社長やその周りの人間達による自由な経営判断でビジネスを進めていきたい場合には、会社の規模が大きくなっても上場しない、というのも一つの方法です。

 

買収のリスクを減らす

第三者による株式の取得は、物言う株主の域(=一般的に数パーセントから30%程度)を超えて押し進めると、企業自体を買収する結末になります。

 

過半数以上の株を取得されると企業は基本的にその株主の指示のもとで動かざるを得ない状態になります(=買収された状態になる)が、上場して株を一般に公開すると、この買収リスクを常に抱えることになるのです。

 

絶対に第三者に会社を渡したくない、という場合には上場しないのも一つの選択肢になります。

 

個人が、非上場企業の株を買う方法

さて、上場企業の株は、適当に証券会社で口座を開けば簡単に買えますが、非上場企業の株を買う場合はどのようにすればよいのでしょうか?

 

一般的には、以下2つの方法となります。

 

直接、非上場企業の株を持っている人と交渉する

非上場企業の株式は、一般的に創業者や創業メンバー、またそれらの親族や取引先が保有していることが大半です。

完全なオーナー企業であれば創業者が100%保有している場合もあります。

とにかく、企業に深く関係する人達に集中している、ということです。

 

これら株主と直接の交渉をし、1株いくら、という価格を決定して譲り受けるのが最もメジャーな非上場株の購入方法です。

 

気をつけないといけないのは、上場株と違い、マーケットプライス(市場での価格)が存在しませんので、株式の価格はあくまで相対の交渉でのみ決定します。

 

いったいその企業にどのような価値があるのか、お互いに意見が別れる場合がほとんどだと思うので、合意までこぎ着けるのは容易ではありません。

 

非上場株へと投資しているファンドへ投資する

個人で簡単に非上場株へと投資する方法としては、ファンドを活用することです。

 

投資家の資金を集めて、それらを優良な非上場企業へと投資しているファンドが存在しますので、そこに投資家として出資をすることで間接的に非上場企業の株式を保有することができます。

 

ファンドを活用することにはメリットが多く、一つはファンド自体が非上場企業の選別をしてくれることです。

 

優良な非上場企業へ集中的に投資をしているファンドというのは個人投資家からみてもとても良い投資先になりますので、積極的に検討をしてみると良いでしょう。

⇒ 参考:日本の非上場企業へ投資するヘッジファンド『トータスパートナーズ』

 

非上場企業へ投資をするメリットと、デメリット

株式投資の中でも、非上場の株を選択することには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

メリット:企業の価値に比して破格に安い値段で株式を購入できる可能性がある

非上場企業の株を購入するメリットは、ズバリ企業価値に比して安価に株式を手に入れることができることです。

 

上場している企業は、つねに何かしらの投資家の分析が入っているため本来の会社の価値から大きく割安になっているこということは滅多におこりません。

 

一方で非上場の企業というのは株価の根付けが曖昧なため本来の価値よりも大きく割安で手に入る可能性があります。

それは、長期に保有することで、配当といった株主還元や買収・上場といったイベントで投資家として利益を享受できる可能性が高いということです。

 

特に、現在の日本は少子高齢化により経営者の多くが高齢化しています。

後継者不在によって会社の株を受け渡す先が見つからず、黒字のまま会社を廃業させてしまうという事例も後をたちません。

 

こういった場合に、ある程度の資金力があれば優良な非上場企業の株を割安で保有することが可能になります。

 

今、日本において、プライベートエクイティファンドと呼ばれる非上場企業への投資を中心としたファンドが盛り上がっているのは、こういった世の中の流れが背景にあります。

⇒ 参考:PEファンドって、何? 未上場企業へ投資するファンドの、4つの代表的な機能

 

また、ベンチャーキャピタルといったファンドも、厳密にいうとこの非上場株への投資をなりわいにしたファンドです。

まだまだ創業初期の株を買って、大きく跳ねるまで保有するというのが、ベンチャーキャピタルの投資戦略です。

 

デメリット:流動性の低さ、分析の難しさ

主なデメリットは流動性の低さと分析の難しさです。

つまり、どれくらいの価値があるのか分からない、そして売りたい時に売れない、という2点が非上場の株を購入する際の問題点になるということです。

 

個人で特定の非上場企業の株を買う場合には、これらの問題は、自分自身で乗り越える必要があります。

こちらの妥当だと思う株価でどうにか購入し、それをいずれかのタイミングで関係者に売り抜くことで利益を確定するしかないでしょう。

 

それほど分析や交渉に時間をかけるのが難しい、しかし非上場企業への投資によって利益を得たい、という場合には、上述しましたが非上場企業へと投資するファンドを活用するのが良いと思います。

 

非上場企業へと投資を行う投資ファンド(プライベートエクイティファンド)へと投資家として出資することで、この分析の難しさや流動性の低さといった問題を解決することができます。

⇒ 参考:PEファンドって、何? 未上場企業へ投資するファンドの、4つの代表的な機能

 

まとめ

以上、今回は上場とは何なのか、非上場株への投資方法、非上場株投資のメリット・デメリットについて解説しました。

 

「非上場株への投資」というのはあまり一般的に知られていませんが非常に魅力の大きいものなので、是非参考にして頂ければ幸いです。

おすすめの記事