日本のいわゆる“独立系”と呼ばれる投資信託の草分け的存在として有名なさわかみファンド(さわかみ投信)。

2019年現在も、3,000億円近い金額を運用しております。

 

独立系投資信託は、大手の金融機関がつくる投資信託とは違い、独自のポートフォリオを組み独自のルートで販売をするという特徴があります。

いまでは、ひふみ投信やセゾン投信など、人気や資産総額も大きな独立系投信が活躍していますが、日本にそういった流れをもたらしたのは間違いなくこのさわかみファンドでしょう。

 

今日はさわかみファンドの直近の成績や投資対象、今後の予想をまとめていきたいと思います。

 

さわかみファンドの、10年間の運用成績

まずは、一番大切な運用成績です。

直近10年間で、さわかみファンドはどのような運用成績となったのでしょうか。

日本株式のベンチマークである日経平均との比較が、こちらです。

 

 

こちら、青色がさわかみファンド、赤色が日経平均なのですが、ほとんど同じ値動きですね。

アクティブファンドでありながらここまで市場にきれいに連動しているのも珍しのではないかという程、マーケットと同じような動きをしています。

 

実際に投資していた場合における投資家の利回りという意味では、日経平均連動の投資信託やETFが非常に低いコストで投資できることに比べ、

さわかみ投信への投資は年間約1.0%の信託報酬がかかりますので、この分は投資家目線では市場平均に負けてしまうということになります。

 

その意味では、結果的にですがこの10年間さわかみ投信に投資を続けてきた方はあまり良い投資にはならなかったという結論になります。

(まあ、信託報酬も、アクティブファンドとしては安い方なのですが。)

 

さわかみファンドのポートフォリオ

次にさわかみファンドのポートフォリをみてみましょう。

日系の大手企業が並んでいます。

 

とくに業種的な特徴はないのですが、とにかく割安な日本株へと投資しているという意味ではバリュー投資をメインにしていると言えます。

基本的な戦略としては、「日本株のバイ・アンド・ホールド」であり、特に保有期間の長さで有名です。

 

色々と専門用語を出したので分かりにくくなったかもしれませんが、とにかく、日系企業の中で長期的にみて良さそうだなと思う企業に、超長期投資を行うというものですね。

これは、創業者でありカリスマと呼ばれた澤上篤人氏の打ち立てた戦略です。

それが20年近い月日を経て受け継がれています。

しかし、この戦略で戦ったものの、直近の10年では、良くも悪くもちょうど日経平均と同じくらい(=手数料分だけ投資家は損)になってしまいました、というのが現状です。

 

さて、このさわかみファンドのバリュー投資・長期投資という戦略なのですが、この戦略自体の是非はおいておいて、事実として過去に一番うまくいったタイミングとしてはITバブルが弾けた瞬間でしょう。

この時、株価が暴落し、多くの投資信託が損を出している中で、さわかみファンドはほとんど影響を受けずに乗り切りました。

これはさわかみファンド設定直後のできごとでしたが、このことを切っ掛けに、さわかみファンドの人気に火がついたのです。

つまり、ディフェンスが強いという意味で、長期投資に向いていますよ、というのがさわかみファンドの良さなのです。

 

攻めの「ひふみ」、守りの「さわかみ」

さて、さわかみファンドを考察するにあたって、ひふみ投信にも触れておいた方が良いでしょう。

同じ独立系の投資信託でありながら、さわかみファンドと全く違う投資を行うのが藤野英人氏ひきいるひふみ投信です。

ひふみ投信の値動きを、日経平均と比較してみます。

 

こちらの、青がひふみ投信、赤が日経平均です。ひふみ投信が、日経平均を大きく上回る成績をあげていることが分かると思います。

ひふみ投信は、さわかみファンドと違い中小の成長企業へと投資をする戦略をとってきましたが、ここ10年間で言うと完全にひふみ投信に軍配が上がったと言って良いでしょう。

どちらかと言うと「攻め」の投資をおこなってきたひふみ投信の方が、ここ10年の上げ相場では、やはりリターンを得やすかったのだと考えられます。

 

一方で、ひふみ投信も、直近の動向には陰りが出てきているのも事実です。

これは好景気に沸いていた日本の株式市場が、どこか転換期に差し掛かっていることが影響していると思います。

ひふみ投信はこの状況をみて、海外へと資産をふりわけています。

 

株式市場の歴史をみてみると、10年-20年に一度、市場が大きく暴落する事件が起きていますが、今の日本・アメリカの株式市場は、まさにそういった暴落が起きる直前のような空気感がでていると感じます。

 

さわかみファンドの実力と今後

さわかみファンドの実力は、おそらく数年内にくるであろう世界的な恐慌のタイミングで分かることになるだろうと思います。

総資産の推移が苦戦していることからも、おそらく多くの投資家は上げ相場と言われる環境でさわかみファンドに投資するメリットをあまり感じてはいないのでしょう。

ここ10年はさわかみファンドにとっては厳しい時期でした。

 

しかし、ITバブル崩壊を乗り切った時のように、来たる下げ相場で「たえる」ことが出来れば、再び脚光を浴びることになるだろうと思うのです。

つぎの下げ相場で、さわかみファンドの基準価額がどのように動くのか。

日本の第一号独立系投資信託の今後から、目がはなせません。

おすすめの記事