投資信託から投資を始めてみました!という投資初心者の方から最近よく相談されることがあります。

それは、

「投資信託を買ったはいいものの、いつ売ったらいいのか売り時が分からない」

というものです。

 

確かにいつ売ったらいいかというのは悩ましい所ですよね。

今回は投資信託の売り時について解説していきます。

 

売り時を買ってから悩んでいるようではダメ

まず、結論から言いました。

「売り時を買ってから悩んでいるようではダメ」なんです。

 

何のこっちゃと思われたかもしれませんが、ダメなんです。

 

投資信託を売れないと悩んでいる方は次のような方が多いのではないでしょうか。

「今の所、利益が出てるけどこれからもさらに上昇するんじゃないかなぁ」

「損が出ちゃってるから売るに売れない、いつかは買値に戻るはず」

 

これらは、残念ながらただの願望なのです。

世界経済の状況が~

貿易摩擦が~

トランプ大統領が~

と色々な事を調べてもあなたの投資信託の売り時は分かりません。

 

いつか上がるんじゃないか、さらに上がるんじゃないかと想いを馳せながら保有し続けることになってしまうのです。

 

でも、安心して下さい。

これは、あなただけではなくほとんどの人がそういう状態になってしまうのです。

これには、行動心理学的にちゃんとした理由があります。

 

人は合理的に判断できない生き物である

人間の欲望は果てしない

人間は自分が思っているよりもついつい感情的になっちゃう生き物です。

特にお金といった損得が絡むと特に合理的な判断を下すことは難しくなってしまいます。

 

自分は大人だし冷静に判断できるよと思われるかもしれませんが、一つ質問させてください。

『今あなたがお持ちの投資信託で利益がでてるものをすぐに売却することができますか?』

 

答えに詰まった方も多いのではないでしょうか。

「今5%の利益だし売ってもしょうがないな」

「今20%の利益が出てるから、50%くらいになってもおかしくないのでは」

「2倍まで増えたんだから5倍や10倍も夢ではない?」

 

こういった気持ちが邪魔をして「売る」という決断をする事は、中々難しい事のはずです。

人間の欲望は限りなく、多少利益が出ていてもまだまだ上昇するハズだと、つい願望を持ってしまうのです。

 

これは、誰にでも起こる気持ちです。

そう、人間の欲望には終わりがないのです。

 

とにかく損をしたくない!「プロスペクト理論」

 

『今あなたがお持ちの投資信託で損失がでてるものをすぐに売却することができますか?』

 

一方で、損失が出てる場合も中々「売る」という決断を下すことができません。

利益が出ている場合より難しいと言えます。

 

これは、行動心理学的には「プロスペクト理論」と呼ばれています。

 

(出典 エビスマーケティングカレッジ:https://blog.ebis.ne.jp/attract/increase-the-purchasing-opportunity-use-prospect-theory/)

 

「ある金額利益を得る嬉しさよりも、同じ金額を損する辛さの方が大きい」という理論です

つまり、人間はとにかく損をしたくない生き物なのです!

 

「5%損失が出てるなぁ、このくらいは誤差かな」

「10%損失が出てる、これくらいならすぐに戻るから大丈夫」

「20%、もう諦めて売った方が良いのかな?でも売った後に戻っちゃったらイヤだな」

「30%、一時的だよね?すぐに戻るハズ。。。戻るよね?」

「50%、ウソでしょ。。。もう知らない。」

 

こうなってしまってはもう売れません。

こうやって、塩漬けの投資信託がどんどん生まれていってしまうのです。

 

「投資信託の売り時」は買う前にプランニングしておこう

損切りのラインは20%

今まで見てきたように、投資信託を保有してから、売り時を考えたのでは冷静な状態で判断することは出来ません。

投資信託を買う前に、

いくらまで下がったら損切りをして

いくらまで上がったら利確をしよう

というプランニングをしておくことが重要なのです。

 

最低でも損切りのラインだけは決めときましょう。

いくらまでの損失なら許容できるかという話ですが、20%がおすすめです。

何はともあれ、保有している投資信託が20%下落してしまったら売却しましょう。

出資金の8割残っていれば何とかギリギリ精神的には耐えられる範囲でしょう。

 

投資信託を買った時にあなたの成功の可否は決まっている

「そうはいっても損失を確定させるのが嫌だ」という方

残念ながら諦めて下さい。

 

あなたの投資が上手くいくかどうかは買った時に決まってしまっているのです。

投資信託を購入した後に色々考えても、もう出来る事はありません。

 

20%下落してしまったのなら、その投資信託を選択したことはミスだったと潔く諦め

別の商品に投資をした方が効率よく資産を活用できると言えるでしょう。

 

投資信託に満足した方はヘッジファンドでの運用がおススメ

  • 次の投資商品を探したいけど何に投資をしたらいいかわからない
  • 投資信託はもう飽きてしまった

という方にはヘッジファンドでの運用がおススメです。

 

ヘッジファンドとは元々超富裕層が利用していた資産運用サービスの事です。

日本ではまだまだ一般的ではないかもしれませんが、今後こういった形態がどんどん増加してい事が予想されます。

現に海外では良く知られており、欧米の富裕層の間では一般的な方式です。

新しいものにも興味があるよという方はヘッジファンドを検討してみてもいいかもしれません。

 

具体的にヘッジファンドがどういったものか気になる方は次の記事も参考にしてみて下さい。

フロンティア・キャピタルの評判は?新興国ファンドを徹底解剖

おすすめの記事