昨年から日本やアメリカの株式市場が伸び悩んでいます。

 

その傾向を受けて、先進国ではなく新興国に投資をしたいという人も多いのではないでしょうか。

 

日本の経済は伸び悩んでいますが、新興国であれば何倍にも成長する可能性があります。新興国投資は今とても魅力的な投資なのです!

 

しかし、実際に新興国投資をしようと思うとなかなか難しいのです。証券会社で購入できる新興国ETFは、厳密に言うと新興国投資ではありません。

 

本物の新興国投資をしたいなら、専門的に新興国投資をしているヘッジファンド「フロンティアキャピタル」がおすすめです!

 

その詳細について解説していきます。

 

伸びなやむ日本の株式市場

17%と大幅に下落した2018年

2018年は先進国にとって厳しい株式市場となりました。

 

世界中軒並み不調でしたが、日本の株式市場ももちろん下落しました。

 

(出典:https://minkabu.jp/stock/KSISU1000/chart)

 

2018年初めには1805.16だったTOPIXは、年末には1494.09まで下落しました。

 

1年間でマイナス17%と大幅に下落する結果となりました。

 

いまいち振るわない2019年

2019年に入っても株式市場は振るいません。

 

一時は上昇しましたが、夏にはまた下落し8月末現在で1511.86と2018年末とあまり変わらない状態になっています。

 

日本の株式市場に代表されるように先進国の株式市場は伸び悩んでいるのです。

 

これから成長する新興国への投資がおすすめ

将来有望な新興国株式

こういった状況を受けて新興国に投資をする人が急増しています。

 

新興国はこれから国が経済成長していくので、株価の大幅な上昇が期待できます。

 

株式市場に投資をするなら今後も継続して成長が期待できる新興国が有望なのです。

 

日本株も6.4倍に成長したバブル

今や成長が見込み辛い日本の株式市場も昔はすごかったのです。

 

日本がぐんぐんと成長していた1980年以降のTOPIXを見てみましょう。

 

(出典:https://www.jpx.co.jp/markets/indices/histidx/index.html)

 

なんと1980年から1989年までの9年間で6.4倍もの成長を記録しています。やはり新興国への投資には大きなリターンが見込めるのです。

 

新興国ETFは選ぶな!その理由とは

新興国ETFは「新興国投資」ではない

新興国が投資対象として魅力的なことは分かりました。それでは、新興国に投資するにはどうすればいいのでしょうか。

 

一番お手軽な方法は新興国ETFに投資することです。

 

しかし、不思議に聞こえるかもしれませんが、新興国ETFへの投資は「新興国投資」ではありません。

 

その理由を説明します。

 

新興国ETFは中国に投資する

新興国ETFはインデックスに連動するように運用されます。

 

新興国の代表的なインデックスは、MSCIエマージングマーケットインデックスです。

 

ではこのインデックスがどのような国を含んでいるのか見てみましょう。

 

(出典:https://www.toushin.com/faq/benchmark-faq/msciemerging/)

 

中国と韓国と台湾で50%以上を占めています。

 

つまり、新興国ETFはおもに中国と韓国と台湾に投資するETFなのです。これでは新興国投資とは全く呼べません。

 

商品名にだまされないように注意して下さい。

 

本当の新興国に投資したいならフロンティアキャピタルを選べ

フロンティアキャピタルはイランに投資している

本当の意味での新興国に投資するなら、新興国投資専門のヘッジファンド「フロンティアキャピタル」がおすすめです。

 

フロンティアキャピタルはむやみやたらに分散投資せず、新興国であるイランに注力して投資をします。

 

このように投資国をしぼることで、新興国の成長から得られるリターンをあますことなく受け取れるのです。

 

イランの株式はぐいぐい成長している

そして、イランの株式市場はここ1~2年、すごい勢いで成長しています。

 

こちらが過去5年間のイランの株式市場の推移です。

 

(出典:http://new.tse.ir/en/indices.html)

 

2018年に入ってから右肩上がりで成長を始め、2018年初めには95,561だったものが2019年8月末には278,674まで上昇しています。

 

その伸び率は約1年半で2.9倍です。驚異の成長を見せているのです。

 

引き続き上昇余力を残しているイラン株式市場

イラン株式市場は上昇を続けていますが、まだまだ上昇余力を大きく残しています。

 

その証拠にイラン株式市場のPERは6.51です。

 

日本株式市場のPERは13.4ですから半分以下になっています。

 

そう、まだまだイラン株は安いのです。イラン株式はまさに今買うべき新興国株となっています。

 

フロンティアキャピタルの詳細は別記事にも詳しく記載しています。気になる方はぜひそちらもご一読ください。

 

 

おすすめの記事