当サイトでは、1000万円、2000万円、3000万円、5000万円の資産を運用する際のポイントについて解説してきましたが、今回は1億円の運用方法について説明していきます。

 

1億円というのは、コツコツと貯金をしてもなかなか貯められる金額ではありませんが、保険金や退職金などで多額の資金が入った場合には突然手元に現れる可能性もあります。

 

1000万円レベルの資産運用とはまた少し考え方が変わってきますので、是非参考にしてみてください。

 

1億円は、年率何%で運用するべき?

まずは1億円を運用するとなった場合に狙うべき利回りについてお話をしたいと思います。

私は、1000万円以下の金額では10%程度の利回りを狙いたいと普段から言っていますが、1億円の元手があるのであれば狙うべき利回りは5%程度だと考えています。

 

理由としては、ベースとなる資産が大きいので利回りの数値自体が小さくなってもリターンの絶対値が充分に大きいということです。

例えば5%で運用すれば、初年度から500万円の利益がでるわけで、これは日本人の平均年収以上の金額です。(笑)

 

もちろん、リターンを追求して10%以上の利回りを狙えばその分リターンの絶対値は非常に大きくなるのですが、10%以上の利回りを出す為にはそれなりのリスクをとる必要があります。

史上最高の投資家と呼ばれたウォーレン・バフェットですら、その利回りの平均は20%。

素人の投資家が、10%以上の利回りを長期に渡って出し続けるのは相当困難なのです。

 

さて、1億円を5%で運用した場合の資産額の推移は以下の通り。

1 1.00 億円
2 1.05 億円
3 1.10 億円
4 1.16 億円
5 1.22 億円
6 1.28 億円
7 1.34 億円
8 1.41 億円
9 1.48 億円
10 1.55 億円
11 1.63 億円
12 1.71 億円
13 1.80 億円

 

13年間運用すれば1.8億円程度まで資産が増えます。

充分なラインだと言えるでしょう。

 

運用方法1:投資信託

次に具体的な運用の方法について順にみていきたいと思います。

まずは、投資信託。

結論から言うと、1億円レベルの資産があるのであれば投資信託はどのような種類のものであってもおすすめできません。

というのも、投資信託は「手数料が低い」とも「リターンが期待できる」とも言い辛いからです。

 

まず投資信託の手数料ですが、これはアクティブ型かインデックス型か等によってかわってきますが、購入時と信託報酬などで数パーセントは確実に発生します。

100万円程度であればきにならない手数料なのですが、1億円レベルの資産を投下するとなるとこの数パーセントの手数料でも絶対額がどうしても大きくなってしまうのです。

手数料の安さという点に注目して投資を行うのであれば、投資信託ではなくETFを購入することをおすすめします。

 

また、リターンを追求するという意味でも投資信託というのはおすすめできません。

日本には6000本以上の投資信託が存在しますが、その実に9割以上が市場平均をこえていないというデータがあります。

しっかりとリターンを追求するのであれば、ヘッジファンド(プライベートファンド)といったプロが運用する資産運用サービスを利用するのがよいでしょう。

詳しくは後述します。

 

運用方法2:個別銘柄の保有

つぎに、個別の株式を個人でもつ方法です。

これは、株式投資について勉強する時間のある方であれば可能でしょう。

ただし、株式市場というのはほとんど知識を持たない素人と、様々な金融的知識を持つプロとが全く同じルールで戦うシビアな戦場です。

機関投資家やヘッジファンド等は綿密な分析のもとで高度な投資理論をもとにトレーディングを行いますので、浅はかな知識で投資を行う素人はカモにされてしまうので注意しましょう。

 

少なくとも、一日に5時間から6時間程度は投資にむけた勉強の時間をとるべきです。

また、知人に、投資関連で信頼のおける人物がいることが望ましいです。

 

それが難しいという場合には、やはりファンド等を活用し、一定の手数料を払って運用を依頼する形式が良いでしょう。

 

運用方法3:不動産

不動産での運用、というのは一つの選択肢になります。

不動産で投資を行う場合の利点はローンを組めるというところにありますが、ローンを組むにあたって資産があるというのは借入額の面においてメリットになります。

資産があるということを銀行に証明し、その信用力により魅力的な物件を購入して運用してみるのもいいと思います。

 

ただ、問題点としては個別銘柄の場合と同じでかなり勉強が大変という点です。

不動産投資と一言にいっても、本当にもうかる不動産に出会える可能性は1%程度だと言われています。

充分不動産に関する知識をつけた上で、100件以上の不動産を巡り、「これだ!」と思える物件に集中的に投資するようにしましょう。

 

私自身、片手間で手をつけてしまい、中途半端な物件を抱えて、ずるずるとマイナスリターンとなってしまう人達を非常に多くみてきています。

一日に数時間、不動産の勉強やメンテナンスに時間がとれるという場合に検討してみると良いでしょう。

 

運用方法4:ヘッジファンド(プライベートファンド)

1億円を運用する、となった場合には個人的にかなりおすすめの方法です。

一般的にヘッジファンド(プライベートファンド)は、最低投資額のハードルが高く(1000万円程度からのところが多い)数百万円程度の資産では手が届かないのですが、1億円の資産があれば充分に投資をすることが可能です。

 

ヘッジファンドの利点としてはやはりそのリターンの高さや安定性があげられます。

投資のプロによる専門的な手法は、やはり市場の平均値に打ち勝っているということが歴史的に証明されています。

 

また、一度資金を預けてしまえば特に時間を割かなくても良いというのもヘッジファンドの利点です。

投資信託や不動産だと、いつ投信を解約するか(他の投信に切り替えるか)、物件をどのように回すかなど日々気にしないといけないことが発生しますが、ヘッジファンドであれば預け入れてからは年に数回送られてくるレポートに目を通すくらいで大丈夫です。

投資に関して手間をとられないので本業に集中することができるというのは良いポイントでしょう。

(参考:【まとめ】「ヘッジファンド」は「投資信託」と何が違うのか

 

ヘッジファンド投資の懸念点は、主に流動性の低さがあげられます。

ファンドにもよりますが引き出せるタイミングは年に数回程度になっている場合が多いので、とっさに必要になる金額(数百万円程度)は手元に残しておいた方がよいでしょう。

 

まとめ

以上、今回は1億円の投資における基本的な考え方を解説しました。

手数料をとにかく下げたいという方はETFなどで投資、しっかりとリターンを出しつつ運用のことはプロに任せてしまいたいという方はヘッジファンドがおすすめです。

おすすめの投資先についてもランキング形式でまとめていますので、よければ参考にしてみて下さい。

▼おすすめファンドランキングはこちら▼

それでは。

おすすめの記事