ヘッジファンドは、資産運用の専門機関として注目度の高いサービスです。

年金問題などを筆頭に、個人でも資産運用の重要性が高まってきている中、自分で直接株や投資信託などを買って運用するだけでなく、ファンドのようなサービスを活用する方法も今後ますます加熱していくことが予想されます。

 

従来のヘッジファンドというと、富裕層を中心に億単位の資産の運用を依頼するような超ハイエンド向けのものでしたが、投資/運用が一般化する中で、個人投資家にも裾野を広げたサービスが増えてきています。

とはいえ、投資信託のように「1,000円〜誰でも!」といったものではなく、1,000万円単位での出資になることが多いようですが、ある程度の収入・貯蓄のある方であれば、十分検討の余地があるはずです。

 

ファンドだけに限らず、セミナーなどに参加して知識を身につけ、自分自身の力で運用をしたい・ファンドの手法をマネたいと考える投資家の方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、運用のプロであるファンドの手法は参考になる部分も多く、勉強するに越したことはありませんが、一方で、「ヘッジファンド」という組織ならではの、決してマネできないポイントも存在します。

ここでは、ヘッジファンドが高い評価を得る、ポイントをいくつかご紹介いたします。

 

ヘッジファンドのマネできないポイント

組織力がある

ヘッジファンドは、会社・組織であり、ファンドマネージャを筆頭に複数の人間によって運営されていることがほとんどです。運用の最高意思決定者であるファンドマネージャはもちろんですが、他のメンバーも粒ぞろいであることが容易に想像できます。

 

あるファンドを一例に考えても、そのバックグラウンドは様々であり、様々な専門性が総合的に集まって投資成果を最大化できるのがヘッジファンド最大の強みかもしれません。例えば、

  • 投資銀行出身者 >>> 金融のプロであり、証券取引や財務への理解に長けている
  • 総合商社出身者 >>> 事業のプロであり、外部環境の分析や将来の展望の見極めに長けている
  • コンサル出身者 >>> 業務、経営のプロ、企業の内部評価や課題の発見・解決に長けている

というメンバーが揃っているヘッジファンドが「組織として」持つ専門性に、一個人が対抗するのは決して簡単ではないでしょう。

必要に応じて、様々なプロフェッショナルがそれぞれの専門性を最大限に発揮できる組織力がヘッジファンドには備わっています。

 

そして、もう一つ大事な点が、ヘッジファンドでは複数の人間がそれぞれ仕事をしているということです。当たり前のことかもしれませんが、1人より2人、2人より3人の方が、使える時間も増えますし、できる仕事の量も増えます。

組織 vs 個人で考えたときに、専門性などを無視したとしても対抗するのは簡単ではありません。

 

大株主になれる

ヘッジファンドは複数の投資家から資金を集めてまとめて運用します。ファンドの規模にもよりますが、純資産が数十億〜数百億円であることも決して珍しくはありません。

個人投資家で、この規模の資金を運用している人はほぼいないでしょう。

 

ヘッジファンドは、この莫大な資金力を活かし、個人投資家には決してマネできないような買い付けをすることもできます。

例えば、時価総額20億円の中小企業の場合、1億円あれば全体の5%を取得することができます。2億円を投じれば10%です。

 

大量保有報告書を出すことになりますが、すなわち企業から見て大株主になりうるということです。大株主になれば株式総会での発言権も大きくなりますし、実際に大きな議決権を持つことにもなります。

発言権が増えれば、会社の経営に対して意見や考えをぶつけることもできますし、投資家の利益になるように働きかけたりと、会社に対して存在感を示すことができます。

 

会社は株主のものです。ヘッジファンドは「株を買って終わり(上がるのを待つだけ)」ということはなく、その権利を駆使して様々な活動をすることができます。

 

これは個人投資家にはマネできないでしょう。仮に1億円を運用していたとしても、1つの企業に1億円全てを費やすことはないと思います。数十億円規模の資金力があるファンドならではの魅力でしょう。

 

ネットワークが広い

ヘッジファンドは、運用の手法や資金力、またアクティビストとしての存在感も含めて、業界界隈では注目を集めやすい傾向があります。

そのため、同業の金融機関や投資対象となる企業との繋がりも深くなる傾向があり、独自のネットワーク(情報網)を構築できます。

 

それは何も国内に限ったことではありません。海外の投資家や、現地の起業家、経営者など、様々な分野の人たちとネットワークを持つファンドは、海外に拠点を構え、現地の企業に投資することもあります。

 

それによって、ヘッジファンドは一般に広まる前の情報を拾うことができたり、個人レベルではなかなか知れないような組織の内情まで理解できたりと、情報の速さ・広さ・深さが段違いです。

 

非上場企業に投資できる

一般投資家の場合、証券会社で取引できる株や投資信託での運用がほとんどでしょう。つまり、上場しているものでしか投資することができません。

一方で、ヘッジファンドはその「資金力」や「ネットワーク」を活かして、非上場企業(未公開株)に投資することもできます(もちろん上場株でも運用しますが)。

 

未公開株は、上場株のように市場で取引できるわけではありません。株主である企業の経営者や創業者、オーナーと相対で取引しなければなりません。

そのほとんどの場合において一括譲渡であり、数千万円〜数億円を要することが一般的です。そもそも個人投資家ではそういった話を耳にすることすらほとんどないでしょうし、仮に耳にしたとしても取り合ってもらえないことがほとんどです。

 

日本の上場企業は3,500社以上もあり莫大ですが、非上場企業も含めるとその数は200万社以上にもなります。つまり99.8%は未公開株であり、選択肢は500倍にもなるのです。

もちろん未公開株にも良し悪しはありますが、当然優良企業も数多く存在します。投資の選択肢を広げられるのは、ヘッジファンドならではです。

 

裁判ができる

裁判というのは一つの例にすぎませんが、ヘッジファンドはその資金力を活かした交渉力(大株主としての権利)や専門性を駆使して、投資先の企業と対等にやり合うことができます。

また、ネットワークを駆使して、大株主たちと一丸となって戦うこともあります。

 

あるファンド「X」の例ですが、投資していた企業「A」の株が、親会社によって全株取得(非公開化)されるといったケースがありました。当時の株価が1,000円だったところを、1,050円で全て買い取るというものです。

そのファンドXの買い付け時点の価格は800円であり十分に利益が出る取引でしたが、そもそもファンドはその会社(株価)の価値を1,200円と見積もったものでした。

 

つまり、1,050円でもまだまだ割安であり、買取価格が不当だとして異議申し立てをしたのです。そのファンドは、他の株主と協力して、裁判所の判断を仰ぎました。最終的には、公正な第三者の判断をもって、最終的に買取価格は1,150円で落ち着いています。

結果、200円の利益を350円の1.7倍にまで伸ばすことに成功しています。

※金額はわかりやすように一部着色しています。

 

「裁判」などと言うと、少し野蛮に聞こえるかもしれませんが、このケースは、株主として適正な評価を求めたものにすぎません。大株主としての権利を行使し、結果として他の投資家の利益を守ることにも繋がっています。

裁判だけに限らず、ファンドにはできることが数多くあります。それによって投資家の利益を守り、確かなリターンを得ることができます。

 

優れた投資が記録するファンドのハイパフォーマンス

このように様々な"強み"を持つヘッジファンドは、実際に高いリターンを記録しています。

下のグラフでは10年で約2倍程度のリターンに見えるので、年利に換算すると7~8%かと思います。

出展:日銀レビュー 最近のプライベート・エクイティ・ファンドの増勢について(2018年4月)
https://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2018/data/rev18j01.pdf

年7~8%だとするとそこまで高い数字には思えないかもしれませんが、投資家として、"手放しで"これだけのリターンが期待できるのであれば申し分ないでしょう。

また、これは手数料を控除した数字です。実際のパフォーマンスはもっと高く10~15%はあると考えられます。このリターンが記録できるのはヘッジファンドの組織力や専門性、資金力、ネットワークなどがあるからこそです。

 

もう少しグラフを分析してみると、リーマンショックのあった2009年を含めてマイナスになることがほぼなく、ボラティリティ(変動幅)も小さく安定したリターンを残していることも読み取れます。

市況に左右されず着実なパフォーマンスを出せるヘッジファンドは投資家にとって非常に魅力的です。

 

ヘッジファンドで運用するには

このように安定して高いリターンが期待できるヘッジファンドですが、私募のものが一般であり銀行や証券会社で募集しているわけではありません。

紹介や口コミが主な募集経路であり、直接の繋がり(コネクション)がない場合、ファンドのホームページなどから問い合わせることで出資に応じてくれる場合もあります。

 

紹介や口コミが主な募集経路となっているため、ファンド一つ一つの知名度もあまり高くもなりません。そのため耳馴染みがなく、どんなファンドで運用したら良いのかわからないという人も少なくないでしょう。

個人投資家でも比較的出資しやすい、最低出資金(購入単位)の小さなファンドや、低リスクで安定した運用をするファンドなど、おすすめできるファンドをランキングページで紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめファンドランキングはこちら▼

おすすめの記事