今日は2,000万円という資金が手元に溜まった時、どのような運用をすると良いのかというテーマで書いていきたいと思います。

2,000万円、という金額は、サラリーマンが全く投資をせずにこつこつと貯金を続けることで30代40代の内に到達することの出来る現実的なラインだと思います。

社会人として年に100万円の貯金を続けたのであれば20年で到達するので、40代の序盤には2,000万円に乗せることになるでしょう。

ただし、同時に、全く運用をせず預貯金のみで資産を持つのは、明確に機械損失である(もしくはリスクである)と言い切れる程の金額でもあります。

100万円の資産しかないのであれば、年に5%の運用をしてもせいぜい年に5万円が生まれるだけですが、2,000万円を元手にするとこれが100万円になります。それなりに大きなインパクトを持つ金額だと認識しておきましょう。

 

2,000万円を、ほとんどリスクなく運用したい

まず、ほとんどリスクをとりたくないという方に向けての運用の解説から。

低リスクということで一般的に思い付くのは、定期預金と、日本国債でしょうか。(正確にはリスクは常に存在しますが)

定期預金

まず定期預金について見てみると、UFJが利回り0.001%、三井住友銀行が0.01%となっています。つまり2,000万円を元手に1年間運用すると、UFJであれば200円、三井住友であれば2,000円儲かるということになります。これでは全く運用とは呼べないでしょう。

ネット銀行は預金の利回りが良いと言われていますが、2019年最新の調べによれば、もっとも利回りの良いイオン銀行で0.1%。2,000万円を元手に運用しても年間に2万円増える計算になります。

やはり利回りの高いネット銀行でも、運用と呼べる利回りにないのが実態です。

 

日本国債

次に日本国債を見てみましょう。日本国債は2016年に政府が発表した「マイナス金利政策」により、現在、金利がマイナスになるという事態に陥っています。

日本国債の10年ものの利回りは、2019年現在、マイナス0.04%。元手2,000万円で日本国債を買うことで年に8,000円ずつ損をしていきます。

日銀がマイナス金利を導入した理由は、景気を刺激するため。民間の銀行が余剰資金を(国債購入という形で)日銀に預けないようにすることで、企業への融資や有価証券への投資に回すことを狙っています。

しかし、個人として運用で資産を増やそうと考えているのであれば、もちろん、全く選択肢にはなりませんね(笑) 元本が確実に減るのでは話になりません。

 

米国債

最後に検討したいのは、米国債です。

米国債の10年ものの利回りは、2.64%。つまり、2,000万円を元手に米国債で運用することで年に50万円以上資産を増やすことが出来ます。金額の絶対値としてはそこそこと言えるでしょう。

 

ただし重要なリスクが二つあり、一つ目は、価格変動のリスクです。

国債というのは、新規発行時の価格と償還時の価格が保証されている一方、途中で解約したくなった時は市場の価格で売買をする必要があります。これは意外と知らない人がいるようです。

一般的に、金利が高くなると債券の価格が下がるという関係性があるので、金利が低くなっている2019年現在では米国債は価格下落のリスクが高くなっているのです。

 

そしてもう一つのリスクが為替のリスク。

米国債というのは勿論ドルベースで保有することになりますので、購入時からドルの価値が下がって行くと、日本円ベースでは元本割れする可能性があります。

 

ただ、そのあたりのリスクを考慮しても、低リスクで運用したいという考えがある場合には良い選択肢になってくる投資先だと言えるでしょう。

 

2,000万円を、低リスクで、年間5%ほどで運用したい

次に、2,000万円という金額を元手に、低リスクで年間5%ほどで運用したい場合について解説していきます。

2,000万円を元手に年率5%で10年間運用を続けると、資産は以下のように増えていきます。

経過年数(年) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
資産(万円) 2,000 2,100 2,205 2,315 2,431 2,553 2,680 2,814 2,955 3,103 3,258

 

10年間運用を続けると、約3,250万円。この程度の資産があれば、老後についても多少は安心が持てそうです。

さて、5%の運用を安定的に実現する方法として、私自身のお勧めはヘッジファンドと世界株インデックス投資信託を以下のように組み合わせるというものになります。

2,000万円 = 500万円(ヘッジファンド)+ 1,500万円(世界株インデックス)

この運用方法は、マイナーポーションであるヘッジファンドにより10%以上の利回りを狙っていき、メジャーポーションである世界株インデックスで底堅い2~3%の運用をおさえていく戦略です。

仮にヘッジファンドの利回りが12%、世界株インデックスの利回りが3% だとすると、このポートフォリオでの運用は5.25%となり、狙いである5%という水準を超えています。

それではヘッジファンド、世界株インデックスについて、それぞれお勧めの具体的な投資先について詳しくみてみましょう。

ヘッジファンド

一言にヘッジファンドと言っても色々な種類があるのですが、

今回のポートフォリオの中ではミドルリスクでありながら大きなリターンを狙える枠として捉えているので、

海外の魅力的な株式へと集中的に投資をしているようなものが良いと思います。

このブログでも紹介しているフロンティアキャピタルは丁度このような狙いに合うファンドではあるので、

興味のある方は関連記事をご覧下さい。

⇒ フロンティア・キャピタルの評判は?新興国ファンドを徹底解剖

 

世界株インデックス

次に世界株インデックス。

これはについては色々と選択肢があるのですが、私がお勧めしているのは、

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』です。

これには手数料、買いやすさと色々な理由があるのですが、詳しくは以下の関連記事をご覧下さい。

⇒ 右も左も分からない投資初心者は、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』をとりあえず買っておけ。

 

2,000万円を、年間10%ほどで運用したい

最後に、2,000万円という元本をベースに、もう少し大きくリターンを狙っていきたいという方向けの考え方です。

2,000万円を元本に年間10%の利回りを10年間続けると、資産の推移は以下の通り。10年目で5,187万円と、複利の効果で大きく資産が膨れ上がっています。

経過年数(年) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
資産(万円) 2,000 2,200 2,420 2,662 2,928 3,221 3,543 3,897 4,287 4,716 5,187

 

この利回りを狙っていくのであれば、以下のポートフォリオがお勧めです。

2,000万円 = 1,000万円(ヘッジファンド)+ 1,000万円(ひふみ投信)

ざっくりした試算としては、

ヘッジファンドで12%を出し、ひふみ投信で8%を出すことで、全体として10%を確保していく戦略です。

 

それぞれ具体的に見てみると、ヘッジファンドは一つ前に説明した通りで、

海外株をベースとした、リターンの大きく狙えるものがお勧めです。

(⇒ 個人で投資可能なヘッジファンド『フロンティアキャピタル』へ)

 

もう一つのポーションとなっているのは、ひふみ投信。

こちらは日本の独立系投資信託です。

日系のインデックスファンドに投資するよりも、優秀な成績が見込めると私は思っています。

(⇒ 日系の有力アクティブファンド『ひふみ投信』へ)

 

まとめ

今回は、2,000万円を運用する際の考え方や、お勧めの投資先について詳しく見て来ました。

運用の数パーセントで大きく結果が変わって来るような金額なので、是非参考にしてみて下さい。

おすすめの記事